トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/30

結婚式

               014_6  

日曜はリヨン時代に知り合った友人の結婚式

出会った日は、Beaujolais Nouveau解禁日

そのフェットに参加するため学校の皆でBeaujolaisへ。

彼はその当時Beaujolaisでワイン生産に携わっていたのでフェットに参加していた。

夜通し皆で飲み、そして踊り明かしているところで、偶然彼に出会った。

そして、また偶然にも、次月からリヨンで同じ学校に通うことになっていると言った。

それから、早5年。

学校で出会った友達は、それぞれ様々な環境に身を置きながらも、今でも良い付き合いをさせてもらっている。

そして、彼は帰国後すぐに夢を実現させ、東京にビストロをオープン

人一倍ワインにこだわり、努力し、人を大事にする温かい人柄からお店を成功させている。

お店には、まだ2度しか訪れていないけれど、本当に居心地の良いそして、とても美味しい素敵なお店。

そんな彼が、昨年、そても素敵な奥様と出会い、一昨日結婚式を挙げることになった。

お互いをとても大事にそして尊敬し合う姿は、心温まる光景だった。

招待客、誰もが2人を心から祝福し、会場は終始和やかに、優しい時間が過ぎていった。

今後は、お二人が持つ大きな夢に1歩づつ着実に進んでいくことだろうし、心からそう願うばかり。

素晴らしいお祝いの場に居られ、お祝い出来たことに感謝。 040_2

そして、今までの素晴らしい出会いにも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/25

アンジュール

Ehon2186_3

アンジュール~ある犬の物語~ 

ガブリエル・ヴァンサン絵

色も無く、言葉も無い絵だけの絵本

でも、むしろ色も言葉も無いことで、

心の奥が波打つような感動があるのかもしれない

力強い絵というわけではないのに、心をぎゅっと捕んで離れない

どうしようもなく切なくて、

でもいつの間にか温かい気持ちに包まれていく

きっと大人向けの絵本かもしれないけれど、

子供を授かったらぜひ読ませたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/24

パン教室

昨日は私の楽しみの一つ

ル・コルドンブルーでのレッスン

できれば、本科生として通いたいところだが、

予算の関係上、特別講座を単発で受講するのが精一杯coldsweats01

料理とお菓子の特別講座は

以前から何度も受講しているのだけれど、パンの講座は初めて。

まったくの初心者では無理かな~と思い昨年まで、地元のパン教室へ通っていた。

2年ほどパンの基礎から応用まで一通り習ったのでコツはなんとか分かるだろうと思いたち、初パン講座へ。

午前10時から午後5時(途中1時間休憩)までのレッスン。

フランス人のシェフ(もちろん通訳付き)が粉についてや手順温度、機械の使い方、生イーストの扱い方etcを丁寧にレクチャーしてくれる。

そして、その手さばきといったら、本当に素晴らしい!!

なんとも簡単にパン生地を扱っていき、

滑らかに美しくパンを成形していく。

朝、うっかり寝坊してしまったせいで、

不覚にもデジカメを忘れ、(本当にありえない・・・)

とにかく頭にしっかり焼き付けるべく、見逃さないよう必死。

本当に有意義な6時間でした。

そしてお待ちかね、焼きたてパン(シェフ作)の試食&質問会

あぁ美味しい!!本当に幸せlovely

そして、次々に自分が作ったパンが焼きあがっていく。

クープの入れ方にストレスを感じ、

トレスのリッチな生地に悪戦苦闘したけれど、

出来上がったパン達は本当に美味しそう!

自分で作ったものだから、尚更そう思ってしまうのかもnote

きっと、参加した誰もがそう思っているのだろうな~

ちなみに今回の写真は、シェフが作ってくださったパン達。

  1. 0029プチバゲット(6本)
  2. オレンジ風味のトレス(4個)
  3. イチジクとレーズンのプチパン(12個)

私たちも同じ数だけ作成したので、お土産どっさり!!

さすがに2人では食べきれないので、

友人達や家族へ美味しさのおすそ分けflair

残りのパンは今日のランチでいただきます。

年に何回かの至福の時。

また次回が楽しみ~heart04

その前に、しっかり復習もしなくてはね

http://akietaki.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/22

ヨガ

冷え性や肩こり、婦人系の不調等を改善したくて、

以前からヨガの本を参考にしたり、

Wii Fitなる素晴らしい文明の利器が発売されるやこれは!!

と思い購入し、自己流なんちゃってヨガを続けたりしていた。

でも、なんだかあまり効果が見受けられないような・・・

教室通おうかなぁ~と思っているところに、

友達の友達がヨガのインストラクターで

サークルを開催するとの朗報!!

これ幸いと早速参加させてもらうようになって早、半年。

これが、良い!!

とにかく、今までの我流と違って(あたりまえだけど)、

先生が重心の乗せ方、呼吸法、

その他もろもろの指導をしてくださるので、

自分ひとりで行っている時には謎だった部分が

次々に解明されていき、

体もそれに合わせて徐々に快調になっていくような気が。

そうなると、お家でのヨガの復習も俄然楽しくなってくる。

習うより慣れろ、

これが大事なこともあるけれど、

ヨガに関しては、習って慣れろ、かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/18

コーヒー

0026確か幼稚園の頃、母が作ってくれたコーヒー牛乳を飲んでからコーヒーが好きになった。

さすがに牛乳を入れたとしても刺激物なので、中学にあがるくらいまではあまり飲ませてもらえなかったけど・・・

高校生になり、初めてコーヒー専門店(サザコーヒー)でいただいた時は今まで飲んだコーヒーとは香りも味も違って、なんだかオトナになったような気持ちがした。

大学生になるとカフェ通いが楽しくて仕方なくなった。

その頃は味がどうのこうのというよりも、お洒落なカフェに行くことが目的だったな。

今は田舎にひっこんでしまったので、

自宅でいかに美味しいコーヒーを煎れられるか

と、旦那さんと挑戦中。

っていっても、自己満足だけど・・・

でも、コーヒー豆はとっても美味しいものなので、基本的に失敗することはないみたい。

名前は笑ってしまうけれど(でも、このふざけた感じが好きです)コーヒー好きの友人から教えてもらったこちらのお店

どの豆を購入しても今まではずれたことがありません。

本当にありがたいお店。

このおいしい豆をさらに美味しくいただくために、日々精進!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/17

グーグーだって猫である

いつも穏やかな麻子さん。

感情を大げさに表に出さず、

でも、心の中には何か熱いものを持っていて、

時代の流れに逆らわず、でも乗るわけでもなく、

静の中に動を感じる

そんな女性。

キョンキョンは大島さんの世界の中で

とっても素敵でした。

細野晴臣さんの音楽も映画の雰囲気にぴったりで

心が伸びやかに。

鑑賞後はしみじみと、様々な思いが頭を巡る。

生と死

きっと、動物を飼っていれば、必ず訪れること。

そして、それは自分にも大切な人にも。

日常の何気ない生活の中で、

生きているということが、あまりにも当たり前すぎて、

死の影が見えたとき

その驚きや恐れは大きな闇となって心を乱す。

麻子さんの最後の言葉

・・・グーグーの最期をちゃんと看取ってあげられるように・・・

うまく言えないけれど、

きっと生に向かって麻子さんが歩き出した言葉なのだと思う。

平凡な毎日だけれど、

大切に、愛情を持って生きていく

ありきたりな言葉だけれど、

しっかり心にとどめておきたい、

そんなことを感じさせてくれた映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/16

ジュリアン・オピー展

水戸市芸術館で開催されているこちらの展覧会

彼の作品はおそらく見たことがある方も多いと思う。

特に、音楽好きの方は、 Blur のアルバムジャケットデザイン

といえば、思い出す方も多いのでは。

単純な線で描かれた、アニメのような人物画。

似ているのに、そのどれもがそれぞれの個性を持っている。

○が胴体の上に乗っているだけの男女像も

不思議なことに、そこに人物が見えてくる。

また、LEDやコンピューターを使用した独特の作品。

瞬きをしたり、時計やピアスが動いていたり、

踊ったり、見る方向によって姿が変化したり。

予想もしていない驚きに、心がウキウキ躍りだした。

この展覧会を観るまで、彼のことはまったく知らなかった。

見たことがある作品だな、くらいにしか思っていなかった。

でも、一気に大好きになった。

「日本八景」という風景画の作品でも

その驚きは変わらず、さらに興味深い感動を覚えた。

芸術に関して専門家ではないし、

特別詳しいわけではないけれど、

思いもよらない感性を持って、

自己を表現する作品に出会う度に

自分の中に、今までに無い感情が生まれてきて、

少しだけ違う世界に入れる、

その時間がとても好きだし大切にしたいな、と思う。

久しぶりに訪れた芸術館。

こんな素晴らしい展覧会を開いてくれる場所が近くにあるなんて、

本当に幸せなこと。

芸術の秋、もっと色々な作品を、色々な場所で鑑賞したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/11

オトナのナツヤスミ

ちょっと前のお話。

ヒナタノオトの企画展「オトナのナツヤスミ」が

8月31日まで開かれていました。

友人の作品が展示されるとのことで、

ぎりぎり30日に初めての訪問。

あいにくの雨振り。

でも、お店に入ると、やさしい穏やかな空間が広がり、

なんともゆったりとした時間の流れが心地よい。

様々な作家さんの作品がセンス良く飾られ、

あれもこれもとついつい目移りしてしまう。

スタッフの方の心遣いも嬉しく、

じっくりとそれらの作品を拝見することができました。

そして、選んだのがこのグラスとコーヒーカップ。

0013 グラスは(水差しは以前作っていただいたもの)

沖澤康平さんのもの。

写真が良くないので分かりにくいけど、

気泡でラインが描かれているのです。

口当たりがやわらかく何を飲んで

0014_2

もおいしく感じてしまう。

そして、コーヒーカップは萩原千春さんのもの。

旦那さんと二人して一目ぼれlovely

この丸いフォルムと大きな取っ手。

そして、質感がたまりません。

毎朝、この子で飲むコーヒーは格別(単純・・・)

本当は、もっともっとお家に連れて帰りたかったのだけれど、

予算と帰りの長い道のりを考え、泣く泣断念。

来月は千葉で「工房からの風」が開催されるとのことなので、

またその時に、素敵な作品を我が家に迎えられたら、

と今からウキウキ。

少しづつ、自分の心に響くものたちを集められたらいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/10

まだまだ

 風がだいぶ秋らしくなったとはいえ、

 まだまだこの子はしまえません。

続きを読む "まだまだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/09

今日から

今日からブログ開始します。

自分のペースで、自分らしいブログができれば良いな~。

新しい風を吹き込む第一歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年10月 »