« まだまだ | トップページ | ジュリアン・オピー展 »

2008/09/11

オトナのナツヤスミ

ちょっと前のお話。

ヒナタノオトの企画展「オトナのナツヤスミ」が

8月31日まで開かれていました。

友人の作品が展示されるとのことで、

ぎりぎり30日に初めての訪問。

あいにくの雨振り。

でも、お店に入ると、やさしい穏やかな空間が広がり、

なんともゆったりとした時間の流れが心地よい。

様々な作家さんの作品がセンス良く飾られ、

あれもこれもとついつい目移りしてしまう。

スタッフの方の心遣いも嬉しく、

じっくりとそれらの作品を拝見することができました。

そして、選んだのがこのグラスとコーヒーカップ。

0013 グラスは(水差しは以前作っていただいたもの)

沖澤康平さんのもの。

写真が良くないので分かりにくいけど、

気泡でラインが描かれているのです。

口当たりがやわらかく何を飲んで

0014_2

もおいしく感じてしまう。

そして、コーヒーカップは萩原千春さんのもの。

旦那さんと二人して一目ぼれlovely

この丸いフォルムと大きな取っ手。

そして、質感がたまりません。

毎朝、この子で飲むコーヒーは格別(単純・・・)

本当は、もっともっとお家に連れて帰りたかったのだけれど、

予算と帰りの長い道のりを考え、泣く泣断念。

来月は千葉で「工房からの風」が開催されるとのことなので、

またその時に、素敵な作品を我が家に迎えられたら、

と今からウキウキ。

少しづつ、自分の心に響くものたちを集められたらいいな。

|

« まだまだ | トップページ | ジュリアン・オピー展 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/42444142

この記事へのトラックバック一覧です: オトナのナツヤスミ:

« まだまだ | トップページ | ジュリアン・オピー展 »