« The Asteroids Galaxy Tour - Around the Bend | トップページ | ヌーヴォー »

2008/11/25

『おくりびと』

日曜日。

すがすがしい朝。

休日にしては珍しく2人とも早起き。

夫の実家で野菜を収穫したら、いざ映画館へnotes

以前からずっと観たかった映画『おくりびと』

重いテーマでありながら、爽やかで、雄大で、清清しく、美しい作品だった。

途中、何度も何度も涙が溢れだす。

それも悲しい涙というより、心が温かくなり、生きていることに感謝したくなる涙。

今思い出しているこの瞬間も、涙が目に溢れてしまうほど。

悲しくて泣いた作品は数知れず、でも感動で自然に涙がこぼれる作品はそうはない。

陳腐な言葉しか思い浮かばないが、本当に本当に素晴らしい作品(監督、役者、脚本、音楽、映像どれをとっても最高)だと思う。

大学時代、ゼミの教授に『死というものを常に身近に感じて置くように』と言われていたけれど、実際どうしても『死』というものは、自分とは違うベクトルに存在するような気がしていた。それは、おそらく今も変わらないかもしれない・・・でも、この作品を観る事で、教授が何を言いたかったのか、なんとなく分かったような気がした。

『死とは門のようなものだと思うのよ』そう言えるようになるには、まだまだ人生の修行が必要だろうけれど・・・

|

« The Asteroids Galaxy Tour - Around the Bend | トップページ | ヌーヴォー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/43222204

この記事へのトラックバック一覧です: 『おくりびと』:

« The Asteroids Galaxy Tour - Around the Bend | トップページ | ヌーヴォー »