« ジム・ジャームッシュ | トップページ | レクイエム・フォー・ドリーム »

2008/11/17

金沢へ

ず~と行きたいと思っていた金沢へ1泊2日の旅。

時間が限られているため、今回は的を絞っての観光。

お昼前に金沢駅に到着しタクシー(このタクシーの運転手がとても良い方で、金沢で行ったほうが良い場所や、市場の話、金沢の気候の話など、とてもたくさん面白い話を聞かせてくれた。)で宝生寿司へ直行。

趣のある店内に入るのに、ちょっとドキドキしながらも、早く着いたお陰で、混み合うことも無く、カウンターへ案内してもらう。板前さんが、手際よく旬のお魚を握る姿をながめながら身の締まった、美味しい日本海の幸を存分に堪能。デザートに出してもらった醤油アイスはキャラメルアイスを少ししょっぱくした感じで、今までにない味。でもちょっと癖になるかも。

そしてお腹いっぱいで満足した後は醤油処 直江屋源兵衛へ。

ここで接客してくれたおばさんが本当に良い方で、ついつい1時間ほどおしゃべり。それに、ここのお醤油、どれもこれも本当に美味しい!ここの醤油だけじゃなく、今回の旅行で、本当に美味しい醤油にたくさん出会えた。醤油って奥深いな~。これから、ちょっと醤油にこだわりたくなってしまった。

そして、今回絶対行きたかった21世紀美術館へ。新しい企画展の搬入が行われるようで、半分くらいしか展示を観る事ができなかったことが残念だったけれど、思ったよりもこじんまりとしていて、アットホームな美術館。ホッとできる、気持ちの良い空間が広がっていた。

そこから、ぶらぶら金沢市内を散策しながら駅へ向かう。

駅ビルでお麩屋さんのカフェで一休みし、その日泊まる粟津温泉へ。

この旅館の運転手さんに始まり、部屋についていただいた仲居さん、フロントの方々には、本当に色々と気をお配りいただいて、旅の疲れも癒され気持ちよく過ごすことができました。

そして翌日、那谷寺拝観。

紅葉はまだ1~2割程度だったけれど、そのお陰で、それ程混み合わずのんびり楽しめた。自然と一体となって存在している様は、豪華ではないけれど、味わい深く、心が開放される。きっと、四季折々で様々な顔を見せるであろうこのお寺に、またきっと訪れたい。

その後、キャンバスに乗って、加賀温泉郷を案内してもらいながら加賀温泉駅へ。

そこから、また金沢市内へ戻り、昨日行けなかった、近江市場や東茶屋街を散策。

東茶屋街で食べたおそばと、『かわむら』の甘納豆は美味しかった~。

特に甘納豆は、自然の豆の甘さと、ほくほくした食感に、甘納豆が苦手な旦那が止まらなくなるほどの美味しさ。可愛らしいパッケージとお手ごろ値段もお土産には持って来い。

近江市場はちょうど蟹解禁日の翌翌日だったため、人、人、人であふれ返ってる。

前日、出会った方々が口々に『甲箱蟹のメスはぜひ食べたほうが良いけれど、解禁したばかりで今は高い。特に今年は例年よりも2,3割少ないから、尚更高いよ!あと1、2週間後だったらよかったのにね~』とおっしゃっていたので、値段をチェックしてみると、確かに高い!!食べたいけど、次回の楽しみに取っておこう、と泣く泣く諦めた。

次回は、おでん屋さんで絶対に甲箱蟹を食べるのだ~!!(安くて美味しいらしいのでsmile

そんなこんなで、次回の課題(?)を残し、あっという間の1泊2日の旅が終わってしまった。

とても温かい、優しい人達と美味しい食べ物との出会いに感激しっぱなしの、短いながらも充実した本当に素敵な旅だった。

|

« ジム・ジャームッシュ | トップページ | レクイエム・フォー・ドリーム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/43142766

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢へ:

« ジム・ジャームッシュ | トップページ | レクイエム・フォー・ドリーム »