« お年賀 | トップページ | 地図男 »

2009/01/15

ラクレット

スイスの伝統料理でもあり、チーズの名前でもあるこのラクレット。

牛乳からできているセミハードのチーズなので、くせが少なく、くせのあるものが苦手だな~という人にも食べやすい。

最近では、パスコ『超熟』のCMで小林聡美さんが火で炙ってパンに塗っているチーズと言えばピンと来て食べたくなる人も多いかもしれない。

私が初めて食べたのはリヨンのホストファミリー宅。

スイスでは茹でたじゃがいもにチーズの溶けた部分をかけて食べるというのが一般的らしいけど、このお宅では、ラクレットグリルというホットプレート2段重ねのような機械を使い、下段でスコップのようなものにラクレットチーズを入れ熱で溶かし、上段でじゃがいもサラミ、ハム、ソーセージを温め、溶けたチーズをかけ、ミニパンケーキに載せたり、ミニクレープで巻いたりして食べた。付け合せにはピクルス。これがめちゃめちゃ美味しい。

このラクレットグリル、輸入物で、かなり値が張り、購入する勇気が無いので、我が家ではラクレットチーズだけ買ってきて、オーブントースターで溶かし、あり合わせのパンや野菜にかけながら食べる。

ホットプレートを出して、その上に置いておけば多少時間が経っても固まらずに熱々のままいただけるのだろうけど、ホットプレートを出すのが面倒なものでヾ(´ε`*)ゝ

そして、これが、お手軽(適当?)ブランチrestaurant

008

なんだか、かなり質素な適当感たっぷりな盛り付けで、美味しさが伝わらないけかもしれないれど、こんなありあわせの質素なものでも、十分に美味しいというのを伝えたかったのです・・・(言い訳sweat01

|

« お年賀 | トップページ | 地図男 »

クッキング」カテゴリの記事

コメント

あきちゃんは,ふだんの生活自体がオシャレなんだってことを改めて実感したよー!(^^ゞ
パスコのCM,雰囲気がステキな上にあまりに美味しそうでいつも釘づけ。笑
ラクレットってフォンデュとは,また違うんだね。

投稿: nao | 2009/01/15 16:19

naoちゃん

いやいやお恥ずかしいcoldsweats02
おしゃれな生活は憧れてるけど、私のはカッコつけなだけ・・・センスがね~・・・(笑)

そう、フォンデュはチーズに白ワインとキルシュが入っているし、専用器具が必要(?)じゃない?
でも、ラクレットはただ溶かせば良いので、ラクレットチーズさえあれば、気軽にできるし、お酒が入っていない分子供やお酒が苦手な人も美味しく食べられると思うよhappy01

投稿: acco | 2009/01/16 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/43728119

この記事へのトラックバック一覧です: ラクレット:

« お年賀 | トップページ | 地図男 »