« ラクレット | トップページ | trattoria blackbird »

2009/01/19

地図男

びっしりと物語が書かれた地図帳。

その物語を書いているのが、神出鬼没に現れて、現実感を持たない、かなり謎の多い漂浪男(=地図男)。

その地図男の物語に、そして地図男自身に主人公の「俺」は次第に興味を持ち始める。

地図男と俺の描写(現実の世界)から、いきなり地図上の物語に話が展開したり、その逆で、地図上の物語から現実に戻ったり。

とにかく、発想がとても面白いし、勢いのある文体で、読んでいるこちらも勢いにのまれ、一気に読みきってしまった。

ただ、膨大にあるはずの地図上の物語が、3編だけだったのと(それも、少し中途半端な感じがしたし・・・)、ラストが「・・・で?」という印象になってしまったため、ちょっと物足りない感じがした。中篇小説だから、仕方が無いのかな~?

でも、本当に地図男がいたら、絶対に地図帳の物語を読みたい!

この独特な文章の感じは好きなので、また別の作品を読んでみようと思う。

|

« ラクレット | トップページ | trattoria blackbird »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/43789296

この記事へのトラックバック一覧です: 地図男:

« ラクレット | トップページ | trattoria blackbird »