« 妄想係長 高山久伸 | トップページ | お年賀 »

2009/01/10

最高の人生の見つけ方(The Bucket List)

余命6ヶ月と診断されたら、いったいどうするだろう?

私はたぶん、受け止められず、じたばたしてしまうだろう。

でも、この主人公2人はじたばたするけど、必死に最後まで生きようとした。それもたくさん笑って、怒って、悩んで・・・

勉学の道を諦め、家族のために自動車整備工として地道に生きてきたカーター(モーガン・フリーマン)と仕事第一、一代で莫大な富を築き上げた実業家のエドワード(ジャック・ニコルソン)。

全く別の道を歩き、そのままいけばきっと交わらなかった2人

その2人が偶然同じ病室で、余命6ヶ月の宣告をうける。

ある日カーターが捨てた『棺おけリスト(The Bucket List)』をエドワードが盗み見し、残りの人生でこのリストに書いたことを実現させよう!と提案。そこから2人の冒険旅行が始まった。

クラッシックカーでレース、スカイダイビング、最高の景色を見る、ヒマラヤ登頂、世界一の美女とキスをするetc

私が一番印象深かったのは、『涙がでるほど大笑いする』と最後の1つの願いがかなった事。

この旅行をしたことで、2人は自分たちが本当に求めていたものが何かを知ることができ、自分たちのこれまでの人生も素晴らしいものであったと心から思えることができた。そして、かけがえの無い友情も生まれた。

そして、それぞれに静かに死を迎え・・・

ともすると重くなりがちなストーリーだけど、この映画はとても爽やかで清清しい。これも、名優2人の演技の賜物かな。

大きな感動と勇気をもらった作品だった。

余命を宣告されても、されなくても

じたばたしても

自分の人生やり残しのないように

大切なものは何なのかを忘れないように

たくさん笑って 泣いて 怒って 悩みながらも

愛情を持って過ごしていきたい。

|

« 妄想係長 高山久伸 | トップページ | お年賀 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私もこの作品、年末に観たばかりです。
劇場公開の際は、これだけの名優の作品にもかかわらずお金をかけないで撮影したせこい仕上がり。。なんて酷評もあったみたいですが、そんなことはない!心の中が暖かくなる素晴らしい作品でしたよねweep
私も「大笑いする」のシーンと、「世界一の美女にキスをする」のシーンが泣けました。それからあの秘書さんの存在もgoodですねwink

投稿: ソックスモンキー | 2009/01/12 14:06

私も同じく,年末に観たばかり!!
実は,昨年最後に「to doリスト」から消したことがコレだったの。(^^ゞ
ずっと観たいと思いながら見逃していて。
ジャックニコルソン,大好きheart01な役者さんです。
観終わってから,自分は余命の宣告を受けたいかどうか…一人で考え込んじゃった。
未だ「答えは出ず」だけど。。
2人のやり取りはユーモラスでありながら,時に哀愁も漂っていて,
言葉や表情に感極まることもしばしば。
名演技だよね!
機会があったらまた観てしまうかも。

投稿: nao | 2009/01/13 09:54

ソックスモンキーさん

わ~、これまたリンクしましたね!!
私もあの秘書さんの存在がとてもよかったと思いましたhappy01
確かに、あの2人が出ている割には、あまりヒットしなかったみたいですねcoldsweats01
でも、私もソックスモンキーさん同様に
心が暖かくなる素晴らしい作品だと思いましたnote

投稿: acco | 2009/01/13 12:22

naoちゃん

私も夫と一緒に観ていて、余命宣告について検討したよ。
やっぱり、答えは出なかったけど、
お互いに残される方の辛さが少ないほう、
ということで結論がでましたcoldsweats01
それにしても、本当に2人とも渋くて、
どこか哀愁が漂っていて、でもおちゃめで、
本当に名優だよね~!!

投稿: acco | 2009/01/13 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/43677681

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の人生の見つけ方(The Bucket List):

« 妄想係長 高山久伸 | トップページ | お年賀 »