« 福は内 | トップページ | 昼食会 avec mes amis »

2009/02/07

毒笑小説

002

東野さんの短編集

読みながら、どんどん映像が浮かんでくる。現実にはあり得ないマンガのような話で、でもなんとなくあり得そうと思わせる話たち。

小説版『笑うセールスマン』って感じ

大富豪のお爺ちゃんグループが自分の孫を誘拐し、その両親や孫たちとのズレたやり取りの皮肉な面白さ

夫の上司の奥さんの迷惑な手作りの品に辟易するも、その手作り定例会から抜けられずうっぷんがたまっていく奥様方の悲劇(喜劇?)

マザコン花婿の結婚式での珍事

家族が出かけている間に、なんとかしてAVビデオを見ようと奮闘するじいさんと、その家に忍び込んだ泥棒との交わらない格闘

マニュアル化された警察に自首に来た男のやるせなさetc

人間のいや~な部分や現代社会の問題等、東野さんの小説なら、どちらかというと重い小説になりそうなテーマをギリギリのところでニヤリとした笑いに持っていっている。

読み終わった後には、自分の毒が抜けたような、そんな気分になる。まるで喪黒福蔵に『ど~~んっ!!punch』ってやられた感じ

私にとって、鬱々とした時の特効薬になる本のひとつ

|

« 福は内 | トップページ | 昼食会 avec mes amis »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

accoさん、腰の具合はいかがですか? うちの生徒さんにもおひとり、ぎっくり腰になって入院なさっている方がいます。ちゃんと治さないと、癖になるようですからお大事になさってね。

 今年は豆だけ買ってきて、豆まきはできませんでした(みんな寝てしまってました! 笑) 今頃豆だけボリボリ食べている私。 とっくに年齢以上お腹の中に入っちゃいました。 豆好きな私、今年も豆に働かなくちゃね。福の神さん、来てくれるかしら・・・?

投稿: miki3998 | 2009/02/08 13:15

mikiさん

温かいお言葉ありがとうございますheart04
本当に腰はきちんと治さなくては!ですよね。
つい、体がむずむずと動きたくなってしまうのですが、我慢我慢coldsweats01

私もお豆大好きなんです!ついつい手が止まらなくなってしまうのですよね~
mikiさんのところには、間違いなく福の神さん来てくれますよ~sign03
笑う門には~ですもの♪

投稿: acco | 2009/02/09 11:37

私も前から少し気になっていた1冊でした。でも東野さんの本を図書館で借りるのは100年位かかりそうなのでwobbly
aaoさんの感想を読んでこれは読まねば!と決心しましたrock
最近のもので「黒笑小説」っていうのもありますよね。『シンデレラ百夜行』って・・自らパロディ?というセンスが素敵な作家ですshine

投稿: ソックスモンキー | 2009/02/09 12:01

ソックスモンキーさん

確かに、図書館で東野さんの棚を見るとほとんど空に近い状態ですよね・・・
予約も○十人待ちだしcoldsweats02
「黒笑小説」未確認でした!!『シンデレラ百夜行』気になるsweat01本屋さんへGOですねrun

投稿: acco | 2009/02/09 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/43965302

この記事へのトラックバック一覧です: 毒笑小説:

« 福は内 | トップページ | 昼食会 avec mes amis »