« 雨上がりの夜空に | トップページ | 薪ストーブでピザ »

2009/05/14

スラムドック$ミリオネア

期待が大きすぎて期待はずれになる映画は結構ある

でも、この映画は期待以上だった

最初から「え?」という始まり方。クイズ(現在)と過去の出来事が交互に展開していき、徐々に現在の出来事へと繋がっていく。

あっという間に映像に引き込まれていく。

中盤でのある少年の言葉「ジャマール、君はラッキーだった。そして僕はそうじゃなかった。それだけのことだよ」

ラッキーかアンラッキーか、それだけで済まないような現実なのに、そう言い切り納得するしかない状況の人々。

そして、そんな現実から抜け出し「勝つ」ために、ジャマールの兄サリームは「力」を持つことで前に進みだす。一方、弟ジャマールは同じ境遇で育った少女ラティカへの一途な思いを持ち、いつかラティカと一緒になる夢だけを持って日々を生活している。

そして、ラティカの言った言葉を思い出したジャマールは「クイズミリオネア」に出場するチャンスを手に入れ・・・

「トレインスポッティング」を撮った監督だから、きっとスタイリッシュな感じなのかな~と思っていたら全然違う

独特の色使いと疾走感は「トレイン~」に通じるけれど、スタイリッシュというよりザラザラとしたほこりっぽい感じ。そしてとても生々しい。インドという土地のある種の魅力がとても良く出ている気がする(インドに行ったことがないので、良く分からないけれど・・・)

そしてインドのスラム街に住む人々の逞しさやしたたかさ、生きるパワーの強さは想像をはるかに超えるものだった。貧しくて、仕事も無くて、でもとにかく生きていくことに貪欲で、生きていくために力をつけ、その中では悪が悪でなくなる。「弱いものは負ける」まさにそんな世界に生きている人々。ありきたりだけれど、同じ人間なのに、こうも違うものかと恐ろしくなるし、あまりに違うため気持ちがついていかなくなることもある。

観終わった後の、何とも言えない疲労感。様々な感情が沸いてきて、しばらくぼ~としてしまった。

でも最後は、さすがインド映画。やっぱり踊るよね~。

で、ちょっと疑問が・・・

日本での宣伝CM

いくら日本で「ミリオネア」をやっていたからといって、みのさんが出てきて、明るい場面だけを使ってのCMって・・・

まるで「踊る!マハラジャ」のような明るいインド映画のイメージだけど、明るく、楽しい映画と思って観に行った人達はきっと「え~~~???」となるのではないかしら?

もちろん人それぞれだから分からないけれど。

あのCMのお陰で観に行ったら期待とは違うけれど良い映画に出会えた、と思う人もいるだろうし、もしかしたら、あの映画の宣伝にピッタリと思う人もいるかもしれないし・・・

でも、私の中であれはちょっと「う~ん」という感じだな(でも、映画はとてもお勧めです)

|

« 雨上がりの夜空に | トップページ | 薪ストーブでピザ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

実は…この映画のレポ待ってました(笑)happy02
期待も不安もあり過ぎて,観に行くのを躊躇しちゃって,
結局行けてないのよ~。coldsweats01
日本人にはない貪欲感とか這い上がっていく感じ…
例の本(笑)でしかインドは知らないけど,何だか分かる気が。。

そう,この映画の説明をするのに
「みのさんがやってたミリオネアのインド版」
っていう人が多いのよね。sweat02

投稿: nao | 2009/05/14 17:39

naoちゃん
ぜひ行って欲しいな~happy01(夫は「行きたくない!」って言ってたけど・・・)
確かに、例の本で多少のインド知識はあったものの(笑)、映像で観ると、その貪欲さやパワーの強さは本当にすごい!きっと実際に行ったら、もっとバシバシ感じるのかもしれないね。
インドは本当に魅力的な国だと思うから行きたいような、でもそのパワーに負けそうで行きたくないような・・・悩ましい・・・
そして「みのさんがやってたミリオネアのインド版」←みのさんよりも、「ファイナルアンサー」を言う時のタメは少ないよ(笑)


投稿: acco | 2009/05/15 12:14

私も密かにaccoさんはこれをレポしてくれるのでは・・・と待ってましたconfident
最近すっかり邦画づいてしまっているのですが、これは観たい!感想を拝見してより観たくなりました。
インドの人は目力はすごいですね。澄んだ瞳の中に生きていく必死さが現われいるんでしょうか。
ちなみに世界中でやっている「ミリオネア」でみのさんのタメが一番長いそうですよhappy01

投稿: ソックスモンキー | 2009/05/19 12:55

ソックスモンキーさん
こんなレポですがsweat01、優しいお言葉ありがとうございますhappy01
確かに、目力すごいですよね~!うっかり(?)目を合わせると吸い込まれる感じ。
以前、とても裕福なインドの方と話をする機会があって、彼は「インドでは私のように裕福で学問を習得できる者は、本当に一握りしかいない。だから、学ぶことが出来ない人々のためにも一生懸命に学ぶことが自分の役割なんだ」と言っていたことを思い出します。
言っていた通り、彼のがんばりは本当にすごくて、ただ何となく勉強をしている自分が恥ずかしくなった記憶があります。
ぜひぜひ、観に行ってください。その際にはソックスモンキーさんのレポも楽しみにしてますね~note

投稿: acco | 2009/05/20 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/45011544

この記事へのトラックバック一覧です: スラムドック$ミリオネア:

« 雨上がりの夜空に | トップページ | 薪ストーブでピザ »