« マザーリーフ | トップページ | 仏像ブーム? »

2009/05/25

神様からひと言

何度か読み返してしまう本がある。

この本もその中の一冊

タイトルだけを見ると、一瞬『スピリチュアル系』の本?と勘違いしそうだが、実は小説。

主人公、大手広告代理店から中堅の食品会社『珠川食品』に転職した凉平。ダメ上司と彼自身の欠点のせいで会議で思いがけない失態をし、リストラ要員収容所と言われる『お客様相談室』へ左遷

この『お客様相談室』は所謂「クレーム処理」を扱う部署で、ここに配属された社員のほとんどが長くて1ヶ月で辞めるか精神に異常を来たし病院送りになる、というとんでもないところ。しかも、そんな場所に長く居座っている社員は他の社員からは「ごきぶり」呼ばわりの変わり者ばかり。おまけに、『珠川食品』の役員及び上の連中は、嫌いな上司ワースト3に間違いなく入るような方たちばかり。

こんな部署に左遷され、嫌な上司につつかれ、それでも会社を辞められない凉平の奮闘記が始まる。

唯一頼れる(?)指導役の篠崎と相談室のユニークな(変人?)社員達が繰り広げるクレーム客との様々な攻防戦や、どうしようもない上司達への対処法に心の中でガッツポーズをしたり、ついつい『むふふ~』とにやけてしまったり。

そして、『そうそう、こういう上司いた!!』とか『なんか、自分がいた会社のことみたい・・・』とか、『確かに、これは凹むよな~』等など・・・もちろん、ほとんどが『いや、さすがにこれは無いでしょ~』という話しなんだけれども、でもなんとなく身に覚えのある話にいつしか共感し、自分も登場人物の一人になっている。

そうして読んでいき、凉平や他の登場人物たちのほんの少しの成長を見ていくうちに、いつの間にかモヤモヤ気分は晴れていき、自分もちょっとだけ成長した気がして、最後は鼻歌でも歌いたい気分になる。

だから何となく気分が落ち込んでいるとき、この本を開いてみる。そうすると不思議に元気が沸いてくる。そして、色々なことを楽に考えることができるようになる。

そういう意味では、『神様からひと言』は私にとってのスピリチュアル小説かもしれない。

|

« マザーリーフ | トップページ | 仏像ブーム? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

またまた,魅力的な本のご紹介ありがとう!happy02
説教じみてたり,シリアスになり過ぎずに
元気づけてくれる本っていいねsign01
それにしても…accoちゃん忙しそうなのに,
どれだけ本読んでるの!?eye

投稿: nao | 2009/05/25 14:52

naoちゃん
なんか、結構本読んる割に文章力がまるで上がらなくて・・・でも、本の魅力が少しでも伝われば嬉しいわhappy01
もし良かったら、持っていくので読んでみて~good
ちなみに、きっとnaoちゃんが思っているほど忙しく無いかも~sweat01忙しいっぷりはしちゃうけどpig

投稿: acco | 2009/05/26 10:58

accoさんの感想と、amazonでの紹介文を読んだだけで、既に読み始めた気分です。会社で働いていた頃、クレーム対応にディープにかかわっていた時代があるので、きっとどっぷり入り込んでしまいそうweep
作家名、ぴんとこなかったんですが、「明日の記憶」(渡辺謙の映画)の方なんですね。
また新しい世界発見!ありがとうございましたhappy01

投稿: ソックスモンキー | 2009/05/26 12:12

ソックスモンキーさん
そう、同じ方が書いてるんですよね~!
「明日の記憶」は読んでないのですが、どうも重い話のイメージがあったので「え?同じ作者なの~」って感じでしたcoldsweats02

クレーム対応されてたなんてsign03尊敬しちゃいますhappy02
クレームは会社にとっては必要なものだと思うのですが、言う人の人間性がとても出ますよね。
もし、クレーマーと呼ばれる人の対応をしたら、めちゃめちゃイライラして、精神的に辛くなりそうだな~sweat01

投稿: acco | 2009/05/26 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/45082158

この記事へのトラックバック一覧です: 神様からひと言:

« マザーリーフ | トップページ | 仏像ブーム? »