« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/30

ちょっと宣伝・・・

今、通っているお教室の先生(Backe 晶子さん)が書いた本『おいしいお教室はじめました』

013 014

先生がここぞ!と思った様々なお教室の詳しい情報が満載

どのお教室の先生も素敵で、それぞれこだわりを持った魅力的な教室ばかり

お料理の技術や知識だけでなく、そこで知り合う人との会話や、様々な情報交換の場としても、きっと楽しい教室なんだろうな~という雰囲気がバシバシ伝わってきます。

ついつい『あ、ここも通いた~い!あ、ここも!・・・』と目移りしてしまうほど。(実際には通えませんがcoldsweats01

晶子さんの自宅教室開講講座なるものも掲載されていて、お教室に興味のある方にとっては大満足の内容になってると思います(べた褒めですねsweat01

気になる方はぜひ手にとってみては?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/25

狂言を観て思い出した

先日初めて狂言を鑑賞する

現存する世界最古の『演劇』とのことで、最初は多少構えてしまったけれど、いやいや面白い

庶民の身近な事柄を主題にした喜劇である狂言

しかも、現代にも通じる『笑い』が小気味よく、身を乗り出し夢中になってしまった

そして観終わった後、何故か思い出したのがこの映画

『奇人たちの晩餐会』

インテリ、ブルジョア達が週に1回、奇人を呼んでそのおバカぶりを見て笑うというなんとも悪趣味な趣旨の晩餐会。そこに登場した今までで一番のおバカと言われるピニョンの驚きの変人ぶりにインテリ達は振り回される

馬鹿を馬鹿にするはずが・・・の展開がいつしか・・・

この映画、最初の方はおバカどころの話ではないピニョンの奇人さに本気でイライラさせられる。けれど、観ていく内にどうにも面白くて止まらなくなってしまうのだから不思議だ

この何とも言えないユーモアがどこか狂言に通じるものがある気がする

どちらも、もう一度観たいな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/18

ぐるりのこと。

Download_img2

器用に生きられれば楽なのかもしれない

でも実際、器用に生きられる人なんて本当は一握りなのかもしれない

皆、色々と悩んで、躓いて、立ち止まって、回り道して

それでも、少しづつ前に進めるように頑張ってるのかもしれない

不器用に、ひた向きに、一生懸命に生活している登場人物たちを観ていたらそんな風に感じて、なんだかとても勇気をもらえた

『あぁ、そう。上手くいかないことが普通なんだ。でも平気で生きればいいんだ』って

色々なことを考えて、自分自身を見失ってしまうことがあっても、側に一人、味方がいることを信じよう。

それが、たった一人だけだったとしても、その一人がいることが素晴らしく幸せなことなのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009/09/16

並んじゃった

基本的に並んでまで・・・という感じなのだけれど、大好きなアイスとなると話は別。

いくらでも待ちます、並びます

それにしても、どのフレーバーにするか相当迷った~

だって、どれも美味しそうで本気で選べない・・・

あぁ、並ぶ時間があってちょうど良かった(順番がきても迷ってたけどcoldsweats01

で、やっとの思いで選んだのがこちらの2種類

大好物のピスタチオ&ラズベリー

025

ピスタチオの濃厚でちょっとプチプチとした食感とラズベリーの甘酸っぱさと滑らかな口どけに顔がにやける

ヤバイ!美味しい!!ハマった!!!

当分、東京に行ったときのお楽しみとなりそう

グロム 新宿店

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/09/14

未来を写した子どもたち

子供の頃『これが現実』と思って諦めた物事ってあっただろうか?

当たり前にご飯を食べて、当たり前に学校に行って、当たり前に平和の中に生きて、楽しい未来が待ってることを当たり前に感じていた

でもこの映画の売春街に生まれ育った子供たちにとっては、私たちにとっての当たり前がそうではない

でも、彼らは現実の自分たちを悲観したりはしていない。ただ、現実を受け入れるだけ

願望はあっても、期待はしない

そんな彼らがカメラに出会うことで、初めて別の世界を知った

水を得た魚のように、活き活きと写真を撮りまくる子供たち

その作品は、色鮮やかで、面白くて、ガツンとくる

自分を表現すること、そして新しいことを学ぶことが楽しくて仕方が無い感じ

そこから、彼らは勉強したいと願い、未来へ期待を膨らませるようになっていった

そうして様々な人々の協力の下、学校への入学を実現させることになる

その後の彼らは、それぞれが自分自身で選んだ道を進んでいく

大学へ行くものもいれば、結婚するものも

売春街へ戻り、売春婦として働くものもいれば、進学を夢見ながら働くものもいる

きっと、それぞれ彼ら自身が決めた人生

子供の頃のようなキラキラした目は既に現実を見つめる目に戻っている

でもそれが大人になるということかもしれないし、決して悪いことでもない

それは私たちも変わらないことだから

ただ、子供時代に新しい世界を見ること、そして学ぶことの大切さを彼らは私たちよりも数倍強く感じたのではないだろうか

最後に、心に残ったアヴィジットの言葉

『この写真はいいね。ちょっと寂しいけれど、これが現実だから。良く見なくちゃいけないよ』

『子供は自由が一番なんだ。だから、一つでも多くの世界を見せてあげること。それが大事だと思う』

世界中の子供たちが平等に教育を受けられる、そんな世界になることを願わずにはいられない

続きを読む "未来を写した子どもたち"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/08

たまご

ご近所に住む友達から取れたて卵のおすそ分け

なんて綺麗な卵たちlovely

030

ここは当然大好物の『卵かけごはん』で頂きます

我が家の卵かけご飯のお供達

004_4 032

色々迷った結果、本日は味の素&紫峰ペアで

しばらく楽しみが続くな~note

他にも「こんな食べ方も美味しいよ!」というものがあったらぜひぜひ教えて下さいgood

最後にHちゃん本当にいつもいつもありがとうheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/03

シャンパンパーティー

今回の主役

001

友達が持ってきてくれた『クリコちゃん』

このライフジャケット姿に一同クラクラheart04

005

シャンパンに合わせた(?)軽いおつまみ(ケークサレ、ラタトゥイユ、ソーセージ盛り、レンズ豆のサラダ、チーズ&ナッツ盛り、夏野菜のピクルス)

一口で食べられるように、ケークサレをポンポネット型で焼いてみたら、これが正解!美味しい~(自画自賛)

大好きな友達&シャンパンのお陰で、腰の痛みも不思議と落ち着いてる

気がついたら、開始から7時間経過coldsweats02

楽しい時間が過ぎるのはあっという間だ~

今年で2回目のこの会。

夏の恒例行事とすべく、来年も盛り上がろうね~shine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »