« 変わらないもの | トップページ | アート村 »

2009/10/26

これでよろしくて?

人間関係は難しい

女同士でも、友達、同僚、嫁姑、母娘、姉妹etc

異性を入れるなら、夫婦や彼氏彼女というものも加わってくる

で、様々な人間関係を持っているわけだけれど、どの人に対しても同じような態度で接することが出来るわけではないし、同じような感情を抱くわけでもない。それが意識的にしろ、無意識にしろ、人を見て接し方や話し方を変えることは、誰でもあるだろう(もしかして、希に「私は誰に対しても同じように接するわ」という素晴らしい人はいるかもしれないけれど・・・)

それに同じ内容のことを話していても、その関係性によって言葉の受け取り方や感情って、なんとなく違う気がする・・・私の場合、苦手意識を持っている人、また反対にすごく好きな人と話しをすると、どうも変な話し方になったり、思っていることが上手に伝わらなかったり、他の人が言ったことなら素直に受け取るところを、その相手だと???という気持ちになってしまったり、ということが多い

で、この正体を「おばけ」という言葉に総括した川上さんって、やっぱりすごい!

そう、自分の気持ちが落ち着かなくて、見えないものに怯えているから「おばけ」を見てしまう。本当は、そんなもの居ないのに。勝手に自分の中で作り出してしまう「おばけ」

でも、「おばけ」の正体が分かれば、怖くない。

自分で作り上げたおばけに怯えて、人を勝手に判断したり、ぎくしゃくしたりするより、解決しなくても、そうなってしまった疑問や問題を色々な角度で見ていくことで、自然と人と人との関係が面白く感じられる気がした

なかなか思い通りにならないのが人と人。そう考えると面倒くさい

でも、誰とも関わらないより、関わって色々なことを感じたり体験したりできる面白さを見つけられたら、人と関わるのが楽しくなる

それが、たとえ「この人とは違うな~」ということになったとしても(やっぱり、全員と仲良くできるわけではないと思うので・・・)

この本を読んだら、無性に気の合う友人達とガールズトークがしたくなった

|

« 変わらないもの | トップページ | アート村 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!パソコン復活につき久々登場ですhappy01
川上弘美作品を読むと、仕事など必要性があって人と接する場合以外の「素の自分」を鏡で見ているような気分になる時が多々ありますよね。
accoさんの「変な話し方になったり・・」という感覚、すごくよくわかります。でもその方が人間らしいし、あまりに誰にでも平坦に接している人って「相手のこと物と思ってるんじゃないか」と思うこともあります。「おばけ」とは言い得て妙。私も早速読んでみたいですbook

投稿: ソックスモンキー | 2009/10/29 12:05

ソックスモンキーさん
こんにちはhappy01
引越しお疲れ様でした~sweat02
『「素の自分」を鏡で見ているような気分』
そう、まさに今回そんな感じでした。sign03
読みながら、今の自分にリンクする部分が多くて、文章にめちゃめちゃ反応してしまいましたsweat01
良いのか悪いのか、基本的に人見知りなので、どうも全く人見知りしない方には、逆に壁を作ってしまうところがあるんですよね・・・
『すごいな!』と思って。あ、でもそれも人によるか~coldsweats01
落ち着いたらぜひ読んでみてくださいね~paper

投稿: acco | 2009/10/29 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/46553137

この記事へのトラックバック一覧です: これでよろしくて?:

« 変わらないもの | トップページ | アート村 »