« 秋の夜長の楽しみ | トップページ | これでよろしくて? »

2009/10/21

変わらないもの

いわずと知れた名作「スタンド・バイ・ミー」

そういえば映画を好きになったのはこの作品を観てからだった

中学時代に初めて観て以来、何度も何度も繰り返し観ている

そして、この映画で一番印象に残っているのが、森の中で一夜を過ごした時にゴーディにだけ見せたクリスの悔し涙

今もそのシーンを思い出すたび、ひどくたまらない気持ちになる

ラスト、夏の冒険が終わり、街に戻った彼らの目には今までとはどこか違う景色が映っていた

そしてみんな自分の家に帰っていく

「また学校で」と言って・・・

その後、4人はそれぞれ別々の道を歩くことになり、自然と疎遠になってしまうのだが、彼らの関係は変わっても、きっと変わらないものが心にあるはずだと思える、切ないけれど何か大切なものを教えてくれる映画

10月31日はリバー・フェニックスの命日

思い出すと十数年経った今でも変わらず、胸が痛む。クリスの悔し涙を目撃したときと同じように

最後のゴーディの言葉

「Although I hadn't seen him in more than ten years, I know I'll miss him forever」

彼を偲んで、またこの作品を観ることにしよう

|

« 秋の夜長の楽しみ | トップページ | これでよろしくて? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私もとっても思い入れの深い映画だよsign03
何度観たことかgood
そして,小学生の時に初めて行った舞台がこの「スタンドバイミー」だったの。
最前列で見たクリス役の山本耕史がホントにカッコよくて,
しばらく恋焦がれていた思い出が!heart01(笑)
萩原流行とかもキャストにいたなぁ。
山本くん見たさにパンフレットも買ってきたんだよね,確か。
懐かしい~,残ってるかなぁ。
実家で探してこよー!flair

投稿: nao | 2009/10/24 01:51

accoさん、こんばんは♪
「スタンドバイミー」sign01懐かしいなぁconfident十数年前に観て以来なので細かいシーンは記憶から抜け落ち…、accoさんの記事を読ませてもらい、少しずつ鮮やかに色づいて…。
もうすぐリバー・フェニックスの命日なんですね。
ジャームス・ディーンの再来と言われた名子役。子役というのもはばかられるくらい既に大物俳優のカリスマ性のようなものを兼ね備えていましたよね…。
ご冥福をお祈りしながら、久しぶりにDVD借りてみようかと思いますclover

投稿: おけいはん | 2009/10/25 22:25

naoちゃん
おぉ!初舞台鑑賞がスタンドバイミーだなんて、素敵heart
私は舞台は観たことないんだけど、山本君がクリス役だったんだ!確かに、あのすっとした凛々しさと、内に秘めた感じがクリス役にあってるかもnote観てみたかったな~sign03
そういえば、私も映画を観てからしばらくはリバーに恋焦がれてたわlovely

投稿: acco | 2009/10/26 11:37

おけいはん
こんにちはhappy01
この映画が公開されてからもう23年経つのですが、全く古さを感じさせず、観る度に何か大切なものを思い出させてくれるんですよね~catface
リバー・フェニックスは本当に大好きで、初めて夢中になった役者さんでした。彼のお陰で、様々な映画を観るようになったし、こういうと恥ずかしいですが、青春の一部でしたねcoldsweats01
ぜひ、久しぶりに観てくださいheart

投稿: acco | 2009/10/26 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/46499780

この記事へのトラックバック一覧です: 変わらないもの:

« 秋の夜長の楽しみ | トップページ | これでよろしくて? »