« ラブレター | トップページ | 甘い誘惑に負けて・・・ »

2009/11/10

コルドンブルーと嬉しい偶然

日曜日はコルドンブルーで料理

メニューは『シューファルシ ムスリーヌのピュレとともに』

シューファルシとは『キャベツの詰め物=ロールキャベツ』のこと

キャベツの葉とファルシを交互に重ねていく

021

形を整えたら、まるでキャベツ

024

私が今まで作ってきたものは、1枚の葉にファルシを包み、俵型に巻くタイプのものだったけれど、今回習ったものは大きな固まりを1つ作り、切り分けるタイプのもので、出来上がりが本物のキャベツみたいでとっても可愛い。その他にも、様々なアレンジ方法があり、次回自分で作るときにチャレンジしてみたくなるものばかり。

作り方で難しいものは無いのだけれど、一つ一つの工程に対してとても丁寧な指導をしてくれる。みじん切り一つとっても、形が残るものはできるだけ同じ形にそろえるような切り方をレクチャーしてくれるし、料理の温め直し方、乾燥させないための工夫、火の入れ方、詰め物の伸ばし方、葉の向きや置き方、材料の混ぜ方、豚肉の部位の使い方やミンチの粗さ、細かさ、塩を入れるタイミングetc.そしてそれぞれの理由まで

どうやったら美しく仕上げられるのかを常に心がけて作業していくことが、結局最後には美味しさに繋がる、ということを毎回教えてもらえる

基礎をしっかり持った上でのイマジネーションの大きさ。習うべきことがたくさんあって、目も手も頭も耳もフル回転で、3時間があっという間に過ぎてしまう。

そして、和気あいあいとした雰囲気の中で、美味しい料理に舌鼓を打ちながらの試食&質問タイム

ムスリーヌのピュレとともに。切り分けたものを丁寧にお皿に盛付

039  040

と、目の前に座った顔に見覚えが・・・向こうも、『ん?』という顔

同時に『○○?』

なんと同じ大学の同じ学科で学んだ同級生

十数年ぶりに会ったのに、一気に当時に時は戻り、教室が終わった後も、お互いの近況報告や他の同級生の話に花が咲く。

本当に世間は狭いもの。そして、とっても嬉しい偶然に心が躍る

これも何かの縁、と連絡先を交換し、次回の再会を約束して教室を後にした

その後、用事があったので駅と反対方向に歩いていくと、ふっと視界の端に美しい人がちらり。私の横を通り過ぎた

『ん????』と思い、振り向く。

広末涼子さん???

彼女のファンである私は、足を止め広末さんが入ったお店の前で立ち止まり、中をじろじろ(めちゃめちゃミーハー・・・)

かけていたサングラスをはずしたその顔は紛れも無く広末さん!!!

小さな顔に、透けるような白い美しい肌、スラリとした体にセンスの良い服。一瞬にして目が釘付け!やっぱり芸能人ってオーラが違うな~と一人惚れ惚れ

流石に、プライベートなようだったのですぐに用事のある先へ足を向けたけど、もっと見ていたかった~というくらい、素敵なお姿でした

あぁ、とっても素晴らしい1日だったな~

|

« ラブレター | トップページ | 甘い誘惑に負けて・・・ »

クッキング」カテゴリの記事

教室」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

生・広末涼子に、大学の同級生なんて、何だかうきうきすることだらけの1日でしたねwink
それにロールキャベツのおいしそうなことlovely読んでいていいな~と思ったのは、調理の仕方や順番について、その理由を教えてくださるというところ。
やはり最もおいしく作る為には、全てを知り尽くさないといけないのですねrestaurant

投稿: ソックスモンキー | 2009/11/10 12:32

ソックスモンキーさん
本当にウキウキの一日でしたheart
生 広末さん、今思い出してもため息がでちゃいます(どれだけだよっ(笑))
教室は、先生の知識の深さや素晴らしい技術力に加えて、アシスタントの方や通訳の方の対応の細やかさに、やはり一流だな~と実感します
行く度、もっともっと知りたいという欲求が増えていくと同時に、自分の小ささを感じる良い機会を与えてもらってます

投稿: acco | 2009/11/10 13:17

ミラクルな一日だったねshine
広末涼子,さぞかしキレイだったでしょ~lovely
前はあまり…だったけど,最近演技も素晴らしいし,スタイルもよくって,私も気になる存在なんだflair

超一流のお料理が,accoちゃんの手によって,家庭の味にアレンジされていくんだろうなぁ。
そういうのってステキshine
「シューファルシ」!
ボキャブラリーがまた一つ増えました。(笑)
ありがとうwink

投稿: nao | 2009/11/10 16:05

naoちゃん
確かに、デビュー当時は???という感は否めなかったけれど、ここ数年で一気に綺麗さに磨きがかかったよねshine

乏しい発想力をフル回転させて家庭の味にアレンジできるよう、頑張ってみるよhappy01
頭や感性を柔らかくするためにも、もっと色々なものを観たり、聞いたり、読んだりして勉強しなくちゃだわ~sweat01

投稿: acco | 2009/11/11 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/46718127

この記事へのトラックバック一覧です: コルドンブルーと嬉しい偶然:

« ラブレター | トップページ | 甘い誘惑に負けて・・・ »