« お気に入り | トップページ | あらら? »

2010/03/04

廃墟建築士

『坂の上の雲』を去年から読み出したのだけれど、なかなか読み終わらない

ひとえに長い(全8巻)というだけではなく、途中で他の本に浮気してしまうのも原因の一つ

その浮気相手の中でも、私の心をすっかり奪っていったのがこの作品

100304_0818361

7階を撤去する役所と7階を守る人々の闘争を描いた【七階闘争】

廃墟を新築する廃墟建築士の人生を描いた【廃墟建築士】

野生をもつ図書館を調教する調教師を描いた【図書館】

意志を持つ蔵とその蔵を守る蔵守を描いた【蔵守】

この4つの短編からなる1冊

全てが非現実的な物語なのに、読んでいくうちにそれらは現実味を帯び、すぐ近くでもこれらの出来事が起こっているような気分になる

さらに、1話読み終わる度に、心が静かに波たち、深いところが震える感覚を覚える

それは、『不思議で切ない話』だけでは終わらない、様々な感情や意識を呼び起こすものが物語の端々に見え隠れしているからかもしれない。

それは仕事に対する意識だったり、人の複雑な感傷や感情、正しさや理不尽さの間での葛藤といった普通に何度も経験したことのあるもの

そうしたことが、不思議な現実を生きる人々にも起こることで、現実に近い世界で起こることよりも、より一層、自分自身に重ね合わせやすいのかもしれない

人の意識や感情というものは不思議で面白いものだと、つくづく実感した

そして本とは全く関係ないけれど

昨日は「ひな祭り」

「ちらし寿司」と「蛤のお吸い物」でささやかにお祝い

100303_2035591

幼少時代、家族で海岸の方に行っては良く「焼き蛤」を食べた

その当時は「はまぐりって、なんて大きいんだろー」といつも大興奮で頂いていた記憶がある

今では、その当時食べたような、大きい国産蛤を購入しようものなら「???」と目が点になるほど高価な食材となってしまった

今回も、いくつかそんな大きな国産蛤を目にしたのだけれど、到底手がでず、台湾産の小さな蛤を購入

でも、身がプリッとしていて、出汁も香り高くて美味しかったな~

|

« お気に入り | トップページ | あらら? »

クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!桃の節句にふさわしい食卓でいつもの事ですが素晴らしいですconfident
蛤って昔は「あさりよりふっくらして少しおいしいもの」程度の存在だったんですが、台湾で大きくて弾力がある蛤の酒蒸し(ニンニクなどのスパイスも入ってジュースィー)が大皿に山盛りで出てきて虜になりました(しかも安い)lovelyダシがいいですよね。
それから「野生を持つ図書館」という単語、すごく気になります。私も坂の上の雲、まだ5巻でちょっと浮気の予感・・・。

投稿: ソックスモンキー | 2010/03/04 16:51

ソックスモンキーさん
こんにちはsun
今日は気持ちの良い天気で、お庭のお花も気持ち良さそうにしているのではないですか?
台湾の蛤の酒蒸し、想像しただけで涎ものですhappy02
ソックスモンキーさんの旅先で出会った様々なお料理のお話しは、想像力がガンガン働いてとても勉強になるし、私の楽しみの一つですheart
これからも、色々教えてくださいねhappy01
「野生を持つ図書館」これ、この本の中で私が一番好きな話しです!ぜひ読んでいただきたいな~note
坂の上の雲、面白いんですけどね・・・

投稿: acco | 2010/03/05 12:36

こんばんは!
この記事を拝見し、ぎょぎょぉ~eye
実は私も同じく…で。
浮気を続けながら長篇に挑むタイプなもんでsweat01
私の(現在の)本妻は「竜馬がゆく」なんですがbook
「廃墟建築士」とは、タイトルからして魅惑的すぎますねぇ。浮気相手として申し分ないとこだったでしょうか…。
プロフェッショナルの世界を描いた‘小説’なのでしょうか。
興味深いですclover

投稿: おけいはん | 2010/03/05 23:13

おけいはんさん
こんにちはhappy01
おけいはんさんもですか~!
しかも、本妻は同じ司馬遼太郎作品とはcoldsweats01
司馬さんの本は超長編が多いので浮気されやすいのですね・・・
「廃墟建築士」最初の「7階闘争」を除いては確かにプロの方々の苦悩や仕事に対する姿勢が良く描かれた小説だと思います。
読みやすい、面白い、ほどほどの長さ、と浮気相手としては本当に申し分ありませんheart04ぜひぜひご覧下さいwink

投稿: acco | 2010/03/08 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/47722527

この記事へのトラックバック一覧です: 廃墟建築士:

« お気に入り | トップページ | あらら? »