« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/28

粉って面白い

hjemme(イエメのスコーン&紅茶のレッスン

私が今まで食べたスコーンの中で一番好き

4種類のスコーン(プレーン、全粒粉、くるみ、チョコチップ)見た目も相変わらず可愛い♡

100415_1140491

Sweet Lifeでは、ガトーブルトンヌと塩キャラメルのクレープ

こちらは、4月から通い始めたフランス地方菓子の教室

特に塩キャラメルのクレープは美味しすぎてお代りしたかったほど

100417_1605311 100417_1619061

最後はatelier Frasage(アトリエフレサージュ)で食パンレッスン

食パンと同じ生地を使って丸パンも作ってみる

同じ生地なのに、こんなに食感と味わいが変わるなんて驚き

とても上手く焼けて大満足。先生がおっしゃるように翌日の方が味わい深く美味しい

100420_1326431 100420_1239361

どれもこれも、粉の優しい味わいのする本当に美味しいものばかり            

たくさん種類があって、色々なものと組み合わせることによって、そして色々な作り方や扱い方をすることによって様々に形や味を変えるお粉さん

そして、扱いを間違えると、とたんに機嫌を損ねてしまうお粉さん

まるで生き物みたい

素晴らしい先生方のお陰で、粉の面白さを再発見

       

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010/04/22

二人展

お店に入った瞬間、時間の流れが穏やかに緩やかに変わる

自由が丘にあるオチコチ

こちらで今沖澤さん(ガラス)と福元さん(木)のお2人による展示会が催されている

こちらはDMの写真

006 005                                   

お店の写真。私の携帯写真では、素晴らしさ半減です・・・

100420_1420581 100420_1420481   

早速使ってます(質素すぎる食事ですね・・・)

001

洗練されているのに、不思議と懐かしさが残る

実際に触れてみると、どれも手馴染み、体馴染みが良く、あれもこれもと持ちかえりたい気持ちになってしまうものばかり

美味しい食卓

シンプルで、優しい生活

そんなことを想像させる作品の数々

居心地が良すぎてついつい長居してしまった

4月24日まで開催されているので興味のある方はぜひ

ここからは余談ですが・・・

店主の方がとても美しく雰囲気の素敵な女性でした

また帰り際、はらドーナツでお土産を買って帰る楽しみもありますし、パリ・セヴェイユでお茶なんて楽しみも

やはり自由が丘は相変わらず心躍る街です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/21

悩ましい

100421_1850281

『1Q84 BOOK3』が届いた

早速ページをめくる、めくる、めくる

瞬く間に1Q84の世界に入り込んでいく

これでは、あっという間に読み終わってしまう・・・

今すぐにでも読み終えたいのだけれど、読み終えた後の寂しさが頭をよぎる

読みたいけど、読み終えたくない

あぁ、悩ましいぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/13

薔薇とサムライ

002

最高過ぎて『何も言えねぇっ!!!!!』てこういうことかも

最高のお祭り!

ザッツエンターテイメント!!

歌にダンス、殺陣に見得、ROCKにワルツにタンゴにポップ

女海賊に石川五右衛門

まさにライブ版アニメ(by古田新太氏)

新感線の世界ど真ん中

こんなにもワクワク、ドキドキ、楽しさに鳥肌立った舞台は初めて

あっという間の3時間

観終わった後の心地よい疲れと爽快感にしばし酔いしれた

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/12

さくらの下で

100409_1229171

ちょっと肌寒かったけれど、青空と満開の桜の下

友人と飲むお酒のなんと美味しいこと

100409_1229361

春の贅沢をしっかり満喫

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/08

想像旅行

芸術に関して語れる程の知識は持ち合わせていない

それでも美術館に行くことが好きなのは、旅する感覚に似ているからかもしれない

今まで知らなかったものに出会える楽しさ、ウキウキ感、衝撃、感動

ある絵を見て、行ったこともない土地に行けたり

自分が生まれていない時代の様子を観て取れたり

難解な作品を前に気持ちが落ち着かなくなったり

出会ったこともない人と絵の中で出会えたり・・・

001_2 004_2       

マグリットの絵は私を宇宙飛行に連れて行ってくれ

デルボーの絵では中世の舞台を鑑賞している気分に

スピリアールトの自画像で、神経質な彼自身と出会い

2人の画家によって描かれていたポール=グスターヴ・ファン・ヘックという当時のカリスマを知る

フランドル地方の雪景色、第一次世界大戦の悲惨さetc.

今回も様々な想像旅行を楽しむことができた

私が一番心奪われた作品(フランス・ヘンス「スヘルデ川の雨」)

002_2

「アントワープ王立美術館コレクション~アンソールからマグリットへ」

水戸での展示は終了してしまったけれど、これから広島、島根、最後に東京オペラシティーでの展示が予定されている

興味のある方はぜひ足を運ばれてみては

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/07

forever young

3月27日 オーチャードホールにてYOUNG @ HERATが日本公演

想像以上の素晴らしさに最初から最後まで感動

平均年齢80歳のめちゃめちゃカッコ良いアーティスト集団

彼らに触発され、会場全体、老若男女がノリまくり

圧倒される程のパワーに包まれた

一番の驚きは、日本語で「上を向いて歩こう」「リンダリンダ」「雨上がりの夜空に」を歌ってくれたこと

このときの盛り上がりは今考えても鳥肌が立つし、楽しすぎてテンションも上がる

いつだって気持ちは若く、好きなことを精一杯頑張って、楽しく生きる

そう彼らは歌うことで私たちに伝えてくれた

人生これから

背筋をピンと伸ばして、会場を後にした

ライブ後に、全員がファンサービス。本当にカッコ良すぎ!!

100327_1920131 100329_0809361_2

いつまでもお元気で、そしてまた日本で会えることを楽しみにしてます

FOREVER YOUNG!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »