« 人生に乾杯 | トップページ | 美味しいお菓子 »

2010/06/09

古き良きフランスの香り

ハイブランドに一流レストラン、芸術家やデザイナーが集まり、お洒落でちょっと敷居が高い、女の子の憧れの街であるパリも良いけれど

シャンソン、踊り子、アコーディオンの音色、カフェやブラッスリーが並ぶ下町の情緒あふれる街であるパリも好き

色々な顔を持つ街は今も昔も変わらず魅惑的だ

この作品は、下町情緒あふれる1930年代のパリを描いた作品

お金が無くても仲間たちがいて、家族がいて、仕事があったらそれだけで十分幸せ

夢と希望を持って、力強く生きていくそんな人々の姿に勇気をもらえる

『がむしゃら』でありながらも『ユーモア』を忘れずに

私の永遠のテーマかも

古き良き時代の香りがするこの作品は内容も良かったけれど、それ以上に音楽がとても素晴らしかった

|

« 人生に乾杯 | トップページ | 美味しいお菓子 »

コメント

こんにちわ!
最近は映画熱が高まっているようですねフランス映画が多いので、私には初めて聞く作品名ばかりで楽しいです
つい先日、英会話クラスの方が約2週間、知人宅(もちろんフランス人!)のあるロレーヌ地方(でいいんですよね?)に行ってきたとの事で、フランス人がいかに家族を大切に日々暮らしているかを聞きましたそして芸術や友人も。
80年前の下町なんてさぞかし素敵なフランスが描かれているんでしょうね~

投稿: ソックスモンキー | 2010/06/11 16:35

ソックスモンキーさん
こんにちは
仕事を辞めてから、よしっ!今だ~!!とばかりにDVDを観ております
でも、観たい作品が多くてまだまだ追いつかないのですが
確かにフランス人って家族や友人そして文化的なものをとても大事にするかも。
私がいたお宅でも、週末は友人や家族が集まってホームパーティすることも多かったし。朝には近所のカフェでコーヒーを飲みながら近所の人たちと軽くしゃべってから家に帰って朝ごはんを食べるとか。
芸術家たちが自分の作品を展示して売るアート市が週末に川沿いで普通に行われてたし。
人、芸術、音楽、そして食を愛する国民だな~とすごく感心しました。
この映画は昔の懐かしいフランスの感じが出ていて、特に音楽は古き良き時代を感じさせるもので、とても好きな映画です

投稿: acco | 2010/06/11 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古き良きフランスの香り:

« 人生に乾杯 | トップページ | 美味しいお菓子 »