« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/23

鰯のかば焼き丼

26日は土用の丑の日        

でも鰻の前に

鰯のかば焼き丼

100721_1904171


鰻はもちろん美味しいけど
鰯もとっても美味しい

安いし、栄養価の高い鰯
最近我が家の食卓に良く上がるお魚

続きを読む "鰯のかば焼き丼"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/22

12年

雑誌は昔から大好き

特にアパレルで働いていた頃は、発売される雑誌を片っぱしから読み漁っていた(これは、仕事の一環だから仕方が無いけど・・・)

それなのに、今では定期的に購入して読んでいる雑誌は数冊と激減

好みが絞られてきたのか、興味が薄れてきたのか・・・

まぁ、そんな中この『ふらんす』は私の中でだいぶ古い歴史を持つ

100722_1136591

こちらは、大学時代に卒論の研究を何にするか決めかねている時にたまたま発見して以来だから、なんともう12年

一番古いものが1998年7月号で、その当時から値段も変わっていないというのも驚きだ

途中、地元の本屋から姿を消した時(おそらく地元では売れなかったのだろう・・・)には暫く読んでいなかったのだけれど、やっぱり読みたくて定期購読することに

何が面白いって、フランスの政治、社会、美術、映画、スポーツ、スペクタクルといった幅広いジャンルを網羅し、それらに関する記事の内容が素晴らしいこと

また、ともすればサボりがちなフランス語の勉強を『やらなくちゃ!』という気持ちにさせてくれるところかな

100722_1158091

フランスに特別興味が無くても、案外読み応えたっぷりな雑誌だと思うので、もし本屋でたまたま見つけたら、一度お手に取ってみられては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/21

お久しぶり

お久しぶりのBARで女3人暑気払い

100716_1926071

6,7年ぶりのお店だったけれど、雰囲気の良さは変わらず素敵な音楽が心地よく流れている

どのお料理も手がこんでいてとっても美味しい

100716_1934171

最近は居酒屋か宅飲みが多かったから、こういうお洒落空間を忘れ気味だったかも

たま~に、こういう洒落た場所で、しっとりゆっくりお酒と音楽を楽しむのも大切だな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/16

年に一度の楽しみに

ちょっと前の話

先日は4回目の結婚記念日

去年は痛~い記念日となってしまったのだけれど、今年は腰も絶好調!

昨年の悔しさ(?)を吹き飛ばすような素敵な記念日となった

というのも、昨年、茨城では珍しく(失礼)予約が取れないお店のキャンセル待ちにちょうど友人が当選(?)し、行けることに。その時はランチだったのだけれど、ぜひ夕飯も頂きたい!となり、そのまま予約を取り付けることに成功。というより、昨年は全て予約で埋まっていて、翌年(つまり今年)の予約しか取ることができず、そこでちょうど結婚記念日の2日前なら空いている!とのことで、これ幸いと夫に何の相談もせず予約してしまったのだ

でも、これが成功

予想以上の素晴らしいお料理の数々に、夫も大興奮。食の好みが合うって素敵!

 100702_1946521 100702_1953091                                  

 100702_2001421 100702_2016331_2

 100702_2011021_2 100702_2025561               

 100702_2044291 100702_2100461

 撮り忘れたけれど、口休めのソルベ(私はスイカ、夫は大吟醸)も驚くほど美味しかった

また、お料理を出すタイミングの見事なこと

どこかに隠しカメラでもあるんじゃないかと夫と二人きょろきょろしてしまった

お腹も心も大満足で食事を終え帰宅の途へ

来年も、もちろん予約済み

1年に1度の贅沢な記念日。こういうことがあるから、色々これからも頑張れる!!はず?

これも全てYちゃんのお陰です。ありがとねー♪        

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/07/14

白の闇

いきなり、何の前触れもなく目の前が白い闇に包まれ、その瞬間失明したと知ったら・・・

どんなに冷静を保とうとしたところで、そんなものは無駄なことだろう

焦り、悲しみ、怒り、絶望

いかに現代社会が目に頼った、見えること前提の社会だろうとその時初めて気づく

失ってみないと分からないことの何と多いことか

文明の発達は人間がそれを使うからこそのもの

でも、使う人間が使えなくなった途端、無用のもの、あるいは凶器にしかならない

著者が何を言いたかったのかは分からない

けれど、目が見えるその幸せを十分思い知らされた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/09

夏がくると思いだす

夏休みが近付くと観たくなる映画

それが『マルセルの夏』とその続編『マルセルのお城』

プロヴァンスの素晴らしい風景と少年と家族との温かい日常を描いた作品

一日一日、ともてシンプルに、大きな事件も出来事も無く過ぎていく。
とても贅沢で、素敵な時間

子供はもちろん、ここでは大人もゆったりと無邪気になれる

ずっと陽だまりの中にいるような、満ち足りた生命力あふれる夏の時間

そしてそんな田舎生活の様々な体験で、少年たちは今までより少しだけ大人に近づく

続編のお城では、マルセルの初恋と彼にとって忘れられない悲しい出来事。そして、大人になったマルセルのお話

両方とも、素直に感動できる

暑さもダルさも吹き消すそんな爽やかな風のような映画

いつか、マルセルの丘に行きたいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/08

une nouvelle

060

今日から新しいblogをはじめました

良かったらこちらもご覧になって頂けると嬉しいです

現在のブログは今まで通り映画や本や日々の生活について書いていくつもりです

それでなくても、更新が滞りがちなので、大丈夫か??とちょっと心配ですが、書く内容が違うので、逆に分かりやすくなるかな~と、お気楽に頑張ってみます

どうぞ今後も宜しくお願いします<(_ _)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/06

cafe la famille

遠くても何度でも通いたいお店がある

cafe la familleもその一つ

100702_1509541_2 100702_1513131_2

ブロカント(古道具)が溢れた店内には控え目な音楽が流れ、テーブルには可愛いお花が飾られ、ちょっと洒落たフランスの田舎の家の雰囲気

100702_1425031_2

敷地にある畑で採れたお野菜をふんだんに使ったお料理の美味しさと美しさに目も口も心もお腹も大満足

100702_1408521_2 100702_1413171_2

100702_1435461_2 100702_1444501_2

そして何より、スタッフの爽やかさと細やかなサービスに、さらに心地よさは増し時間がゆっくりと過ぎていく

100705_140834

食事をしただけなのに、なんだかとっても豊かな気持ちになれるカフェ

県内にこういうお店があるというのはとても嬉しいこと

ちょっと遠方の方も、ぜひ訪れてほしいお店です

注:混雑しているので、予約していかれたほうが良いかと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/05

COFFEE AND CIGARETTES

コーヒーとタバコとちょっとふざけた大人たちの何気ない会話に音楽

ただそれだけ

それだけなのに、最高にカッコ良くて面白い

こういう間の抜けたカッコ良さ、永遠の憧れ

やっぱりジム・ジャームッシュの作品大好きだなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »