« 少年時代 | トップページ | オアシス »

2010/08/10

オリンダのリストランテ

自分がやりたいと思っていること、思っていたことを、どれだけ出来ているだろう

失敗した時のことや後々のことを考えて出来ないことも沢山あるし、経済的に、時間的といった物理的に無理で出来ないことも沢山ある

そして、いつの間にか日々の生活で、それらのことを心の奥にしまったまま、見ないようにしてきたものも沢山ある

でも、本当にやりたいことや自分の中で大事なことは、いくつになっても、忘れさえしなければ始められるのだと思う

出来ない理由を探すより、出来る理由を見つける

ずっと踏み出せなかったオリンダが一歩踏み出せたように

そんな逞しさを自分も身につけて行きたい

人生はいつでも始められるのだ

ブエノスアイレスの鮮やかな色彩が、気持ちを前へ向かせてくれた

|

« 少年時代 | トップページ | オアシス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!また素敵な映画を紹介してくださってありがとうございます。
アルゼンチン料理やイタリア移民の女性・ドイツから元恋人を探しに来た男性・・と観てみたい要素たっぷりの作品ですshine
そして何といっても「自分はいまやりたいと思ってることをどれだけやってるだろう」とaccoさんが感想を持ったことにすごく共感を覚えますconfident
私も最近そんな事ばっか考えてます。背中を押してもらう程ではないにしても気持を前に持っていってくれる映画はいいですねwink早速借りなければ!

投稿: ソックスモンキー | 2010/08/13 11:02

ソックスモンキーさん
お返事遅くなってごめんなさいsweat01
ぜひぜひご覧になってください!!
大きな事件があるわけでも、盛り上がりがあるわけでもない映画なのですが、観ていて自然と前を向けるというか、気持ちが明るくなるというか、そんな作品だと思いました。
きっと、アルゼンチンという土地の大らかさと逞しい感じが出てるからかもしれないですねhappy01
ご覧になったら、ソックスモンキーさんの感想も聞きたいですheart

投稿: acco | 2010/08/17 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/48811582

この記事へのトラックバック一覧です: オリンダのリストランテ:

« 少年時代 | トップページ | オアシス »