« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010/10/19

プチ・ニコラ

めちゃめちゃ可愛くて、とびきり楽しい映画

子供たちの想像力ってなんであんなに面白くて素晴らしいのだろう

劇場中が何度も大きな笑い声に包まれる

そして、観ながらとても懐かしい気分になってくる

そうそう、こういう子いた!

こんなこと、考えてたかも!

こういうこと、したかったな~!!etc.etc.

とっても、とっても素敵な映画『プチ・ニコラ

音楽も、映像も、お話も、衣装やインテリアもそして何よりキャストも全てが最高&大好き

観終わった後、劇場が幸せな空気に包まれていた

これは、リピート間違いな~

原作の絵本も、これから1冊づつ集めていこっと

101019_201743

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/14

Vincent van GOGH

真っ青な空に映える近代的な新美術館

ちょっと日本じゃないような空気感に包まれたこの場所

ガラスで囲まれた館内は気持ち良い光が溢れている

101011_1315091

この場所でゴッホの作品たちが輝く光を放っていた

101013_2301081

勉強不足のため、ゴッホがこれほど勉強家で努力家だとは思っていなかった

10年という短い画家人生において、精神的に安定していた約2年間の作品は、どれも明るく華やかで、生命力にあふれていた

そして、黄色い家で共同生活していたゴーギャンとたった2か月で決別し、その後精神病院に入ってからの作品は、さらに鬼気迫るほどの魅力に溢れていた

ゴッホの作品以外に、彼が影響を受けたミレーやルソー、モネにシスレー、そしてゴーギャンetc.の作品も並び、そのことによってゴッホがどういうふうにあの画風を確立していったか順を追って見せてくれたことも、素敵なサプライズだった

ゴッホについて、ほとんど何も知らずに行ってしまったことが悔やまれたが、そのお陰で見えたものもあったかもしれない

まずは、彼が一番影響を受けたドラクロワから

それにしても、驚くほど混んでた~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/10

大いなる休暇

昔は漁業で栄えていたカナダの小さな離島

でも、今では住民120名、仕事が無く、ほとんどの島民が生活保護を受ける現実

ついには、町長までもが島を捨て、町に逃げ出す始末

そこで、なんとか島に工場を誘致し、島の暮らしを良くしようと主人公ジェルマンと友人イヴォン、アンリは必死になる

そこに工場誘致の条件の一つ「医者が5年間駐在すること」の格好の餌食?クリストファーが1か月の間、町からやってくることに

そこから、島民たちの「医者を島に引き留め、工場を誘致するぞ大作戦」の始まり始まり

島の住民全員で、あの手この手を使って医者の気を引き、島を気に行ってもらおうとする行動が最初は面白いのだけれど、だんだんエスカレートしていき、「そこまでやるの?」となり、「それはちょっと・・・」というところまで行くから、笑いながらも、ちょっとひやひやしてくる

そして、ラストは・・・

ほのぼのと安心して観ていられながら、様々なことを裏に含ませている作品

島民と医者の掛け合いの面白さと、島の美しい風景、一人ひとりが抱える様々な思い、そして人の純粋さと相反する腹黒さ

色々な要素が組み合わさって、最後には顔がほころぶ、素敵な映画

カナダの作品は「みなさん、さよなら」以来

あまり気にしていなかったけれど、素朴で温かみがあって、地味だけれど深い作品を生みだしている気がする

ちょっと、これから気にしてみたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/07

メラニー・ダーン

秋から冬にかけて、JAZZが聞きたくなる

そして、最近のお気に入りはメラニー・ダーン

彼女の歌声、心地よくて大好き

一度生歌聴いてみたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/06

PralusのPraluline

リヨンでは色々な面白い食材に出会った

ピンク色のプラリネもそのうちの一つ

結構派手目のピンク色だったので、「これはいったい何?」というのが最初の印象

ケーキ屋さん、パン屋さん、スーパー、アラブ系食材店でも見かけるこの食べ物

そして、このピンクのプラリネを使ったお菓子もやっぱり至る所で目にした

食べてみると、普通のプラリネと変わらない

香ばしくて、甘くて、中にはちょっと硬いものもあったりして

私にとってリヨンの思い出の味の一つ

だから、パリに行った時にフランソワ・プラリュさんのお店でこのピンクのプラリネを混ぜ込んだブリオッシュを見た時には、ちょっと興奮してしまい、お土産に買って帰りたかった程(でも、日持ちしないので断念してピラミッドだけ買って帰りました・・・)

そして、先日銀座へ行ってニューオープンした三越を覗いてびっくり

フランソワ・プラリュがあるじゃない!!そして、プラリュリーヌも!!

いつもだったら、人ごみに負けて早々と退散するのだけれど、この時ばかりは並びました

100919_104903

あぁ、懐かしい&美味しい~

これから、日本でもこの味を食べられると思うと、顔がにやけちゃう

ほんと東京って何でも揃うすごい町だ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/05

不思議な世界

なんとか間に合って行くことが出来た

「オノデラユキ 写真の迷宮へ」

101003_1634581

観ながら、時間が止まっているような、でも流れているような、そんな感覚

心がざわめいて、でもウキウキして、その魅惑的な迷宮に迷い込んでしまう

懐かしくて、でもとても新しくて、そしてちょっと毒が効いている作品たち

観れてほんと良かった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »