« 大いなる休暇 | トップページ | プチ・ニコラ »

2010/10/14

Vincent van GOGH

真っ青な空に映える近代的な新美術館

ちょっと日本じゃないような空気感に包まれたこの場所

ガラスで囲まれた館内は気持ち良い光が溢れている

101011_1315091

この場所でゴッホの作品たちが輝く光を放っていた

101013_2301081

勉強不足のため、ゴッホがこれほど勉強家で努力家だとは思っていなかった

10年という短い画家人生において、精神的に安定していた約2年間の作品は、どれも明るく華やかで、生命力にあふれていた

そして、黄色い家で共同生活していたゴーギャンとたった2か月で決別し、その後精神病院に入ってからの作品は、さらに鬼気迫るほどの魅力に溢れていた

ゴッホの作品以外に、彼が影響を受けたミレーやルソー、モネにシスレー、そしてゴーギャンetc.の作品も並び、そのことによってゴッホがどういうふうにあの画風を確立していったか順を追って見せてくれたことも、素敵なサプライズだった

ゴッホについて、ほとんど何も知らずに行ってしまったことが悔やまれたが、そのお陰で見えたものもあったかもしれない

まずは、彼が一番影響を受けたドラクロワから

それにしても、驚くほど混んでた~

|

« 大いなる休暇 | トップページ | プチ・ニコラ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
そして「ゴッホ展」、行ってこられたんですねぇ。
私も絵や写真を見るのは好きなたちで、前はよく足を運んでたなぁと、その頃の感覚を思い出させてもらいました。
ゴッホは生き様そのものが作品に現れている、そんな風に感じますconfident
今回は時代ごとの作風の変遷を感じられる…というのは魅力的ですねぇconfident
関西にも来るかなぁ。
早速調べてみま~す!

投稿: おけいはん | 2010/10/23 09:51

おけいはんさん
こんにちは!
私も、学生時代はちょこちょこ美術館に足を運んでいたのですが、今では、見逃してしまう方が多いですsweat02
でも、やっぱり実際に目にするのと画集等で眺めるのとでは違いますね!
今回は特に迫力を感じて、すっかり魅了されてきました
ほんと、もう少しゴッホについて調べておくべきでした・・・
世界で一番人気がある美術館が『ゴッホ美術館』という訳が、今回の展覧会だけでも分かったような気がします。
いつかオランダのアムステルダムに行ってゴッホ美術館に行きたいですnote

投稿: acco | 2010/10/25 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/49742259

この記事へのトラックバック一覧です: Vincent van GOGH:

« 大いなる休暇 | トップページ | プチ・ニコラ »