« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/21

お手伝い

今月から、お料理教室でお世話になっているお店で、週末1日ペースでお手伝いさせてもらっている

サービス業は久しぶりなので、結構必死

店が混みだしたら、もうバタバタ

頭と体がついていかない・・・

笑顔がひきつっちゃったり、お料理の名前をド忘れしたり、シルバーのセットを忘れちゃったりetc.etc.

シェフとMさんにフォローしてもらいながら、もう必死に動いている感じ

でも、これが楽しいし、とっても勉強になる!

そしてなにより、嬉しいご褒美が美味しい賄い

こちらは、Mさんが作ってくれた苺八橋と苺のソルベ

レンズ豆と苺とチョコクリームの2種類がサンドされている

110219_150031

美味しくて、美しくて幸せ~

まだまだ、学ぶところは沢山あるので、これからも張り切って、しっかり働きます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/18

カルーセル

『カルーセル(回転木馬)』と聞くと、なんだか心が躍る

幼い頃、遊園地に行くと、必ずお気に入りの色の馬具をつけた馬に駆け寄り、乗ったもの

可愛らしい音楽にのって、上下しながらくるくる回っていると、どんどん気分はおとぎの国へ

そして、そんな気持ちをまさか自宅でさせてもらえるなんて

ジャン=シャルル・ロシューのカルーセル

110218_1306061

こちらはチョコレートのカルーセル

この遊び心がたまらなく素敵!

ふんわり削られたチョコは口どけ軽く、でもナッツの濃厚さと深さを併せ持っていてついつい削りすぎてしまう美味しさ!!

一気に幸せな夢の世界へ

このカルーセルの魅力にすっかり虜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/15

ゾンビランド

基本的にホラーは苦手

ドキドキしすぎて、鳥肌立ち過ぎて、想像しすぎて、結果気持ち悪くなってしまうから

でも、この映画は別

ゾンビランド』なんて名前からしたら、ゾンビが沢山出てきて、それはそれはおどろおどろしく、ハラハラドキドキ、ゾンビが人を食べて画面が血で染まるイメージ

ところが、これが全く怖くない

怖くないどころか思いっきり笑える

終いには、ゾンビランドといいながら、ゾンビは添え物状態

こんなにB級で面白いゾンビ映画最高!!

おまけに主演のジェシー・アイゼンバーグ(ソーシャルネットワークの彼)の演技がまた情けなくてとっても良いし他のキャストもとにかく良かった

そして、なんといってもビル・マーレイ

彼って本当に素晴らしい俳優

彼が出てくるだけで、なんともいえない空気になるのだからすごいよ

とにかく、この映画お勧めです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/14

ウキウキ

今年も私たち夫婦と夫の友人一家と1泊2日の新潟スノボー旅行へ

思いっきり滑って、飲んで、はしゃいで

110210_1509551

その後はゆっくり温泉につかって、美味しいお料理とお酒に舌鼓

部屋に戻って、またはしゃいで

翌日もまたその繰り返し

スノーボードはもちろん楽しいけれど、それ以上にみんなでこうしてはしゃぐのがめちゃめちゃ楽しい

来年もまたよろしくー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/08

リミッツ・オブ・コントロール

Img090903153604_p_2 

ジム・ジャームッシュの作品リミッツ・オブ・コントロール

現代アートの美術館やファッションショーの会場に迷い込んだかのような映像

詩の朗読のようなセリフ

現実の出来事なのか、それとも夢なのか

謎のままストーリーは流れ、謎のまま終わる

けれど決して飽きることがなく

それどころか、内容がどうとか関係なく目が釘付けになったまま作品は流れて行く

こういう映画を撮れるのがジム・ジャームッシュなんだよな

相変わらずカッコ良すぎるけど、尖りすぎず、どこか昔の香りが残る映画

型にとらわれず、自由に自分の思うように感じれば良い

そんな風に言ってくれてるような気がした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/04

わらいのかみさま

笑いの神様っているんだな~とこの本を読んでシミジミ感じた

なぜ、そんなことが起こるの?

なぜ、そういう場に立ち会うの?

なぜ、そんな人に出会えるの?

なぜ、こんなものに注目するの?

彼の周りにはこんな面白いことに溢れているのか!とちょっと嫉妬すら感じてしまうほど

また、文章が淡々としていてそれもまた想像力を掻き立てられる

あまりに面白くて思わず電車の中でも笑いがこらえられず肩が揺れている状態

読み終わったら『もしかして、よくよく観察したら自分の周りにも、実は沢山面白いことは転がっているかも』なんて気がしてきた

笑いの神様は気付いたら側にいるのかもしれないね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/03

節分

110203_1040571 110203_1134141

友人たちと近くの神社の豆まき会(?)に出陣

豆だけじゃなく、お菓子やお金、ミカンに福引券を撒くとあって、思った以上にすごい人

なんだかお祭り気分で楽しくなってしまう

鬼は外 鬼は外

福は内 福は内

今年も無病息災、笑門来福

110203_191541

そろそろ春の気配を感じられる頃

これから、穏やかに春を感じていきましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/01

Salon du chocolat

チョコレートの祭典『サロン・ドゥ・ショコラ』

小さくて分かりにくいけど、扇もチョコレートで出来てます

110129_1045231

10時半だというのに、もうすでに人・人・人

美しいチョコレート細工をゆっくり見て回るゆとりもなく、自然と速足でとにかく会場をぐるっとまず1周

Image002

予想はしていたけれど、こんなにも売り切れ続出とは!!

それでも、お目当てのチョコレートは買えた(予約できた)し、名だたるシェフたちにサインをもらったり、一緒に写真を撮ってもらったり、宝石のような美しいチョコレートを観ることが出来て、急ぎ足で回った割には、とっても充実していて、めちゃめちゃ楽しかった!!

でも、やっぱり

『もっと予習しておくんだった・・・』

『あぁ、あそこも行きたかった』

『ここのチョコレートも食べたかった』

『もっと、ゆっくり回れば良かった~』

という苦い思いも・・・

でも、また来年もあるし、次回は今年の反省を活かして(?)、もっと楽しむ&もっとシェフと会話できるようにがんばろー!!

そして今回の戦利品

Image003_3

あぁ、美味しくって幸せ

いつかパリのSalon du chocolatに行けるように、『Salon du chocolat貯金』始めよっかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »