« ほれぼれ | トップページ | パリ20区、僕たちのクラス »

2011/05/10

港町純情オセロ

002

『嫉妬』とはやっかいなものである

誰にでも、ちょっとしたきっかけさえあれば産まれてくるものだから

そして、一度『嫉妬』という罠にはまったら、抜け出すのは至難の業

消しても、消しても、次から次へと妄想は膨らみ

傍から見たら何でも無いことも、本人にとっては一大事

好きで、好きでたまらないのに、愛は憎しみへと形を変えていく

徐々に徐々に気持ちも頭も『嫉妬』に支配され、ますます妄想は止まらなくなり、やがては破滅へ一直線

戻りたいのに戻れない

全くやっかいなものを、神は人に与えたものだ

|

« ほれぼれ | トップページ | パリ20区、僕たちのクラス »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/51634813

この記事へのトラックバック一覧です: 港町純情オセロ:

« ほれぼれ | トップページ | パリ20区、僕たちのクラス »