« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/29

交流会

先日、フランス語会話教室の交流会に参加

場所はAtomic Cafe

路地裏の雑居ビルの2階の扉を開けると、なんだかフランスにあるカフェに迷い込んだかのような雰囲気のお店

私はセミプライベートで教えてもらっているので、ほとんどの方と初対面

結構な人見知りなので、最初はドキドキしていた

でも、そんなドキドキも、話しだしてしまえば、いつの間にかびっくりするくらい和気あいあいで、おしゃべりが止まらない止まらない

話題は、フランスのことはもちろん、それぞれの趣味の話、仕事の話、テレビの話、音楽、映画の話、巷の話etc.etc.

先生が作ってくれたフランス謎々を『あーだこーだ』言いながら解いたり、フランス語でこういう表現はどんなふうに言う?とかフランス語で自己紹介とか、間にフランス語の勉強も挟みつつ

席替えして、また新しい話題になって・・・と、時間がいくらあっても足りないくらい楽しかったし、刺激も沢山受けられて、本当に素晴らしい時間を過ごせた

こういう交流会は年に数回あるようなので、これからが、ますます楽しみ

でも、もっと自分の思っていることをフランス語で話せるように、もっともっと勉強しなくちゃ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/24

ジューンブラインド

出会ってからもう7年

リヨンの学校で同じクラスになってからの付き合い

彼女はとってもお洒落で、ユーモアがあり、頭が良く、外見同様、気持ちもとても美しい人

お酒と美味しいものを愛し、旅を愛し、本と音楽を愛し、友達を愛し、家族を愛する人

楽しいことを見つける天才で、彼女にかかれば、雨の憂鬱な日でも、気持ちだけは晴天に

気を使わないようで、とっても人のことを良く見ていてくれる気づかい上手な人

彼女の大好きなところを上げていったらきりがないくらい

本当に尊敬してやまない大好きな友人

そんな彼女に、生涯を共に過ごす愛する人が出来た

流石、彼女のパートナー!

彼女に負けず劣らずの好青年でとってもお似合い

式も披露宴も、そんな2人へ向けた深い愛情に終始包まれていた

本当におめでとう

いつまでも、いつまでも、お幸せに!!

そして、これからも家族ぐるみでのお付き合い宜しく

また一緒にフランス旅行に行こうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/21

美味しいお菓子

大好きなパティスリー「Maison Weniko

Wenikoさんが作るお菓子とジャムはどれもこれも本当に美味しい!

素材の味がしっかりとして、力強いのだけれど、くどくなく、食べ終わるとすぐ『あぁ、また食べたい!』と思ってしまうものばかり

ショーケースや棚に並べられたお菓子達を見ているだけで、幸せな気分になれる素敵なお店

近くにこういうパティスリーが出来たことに感謝

004

7月にはとってもワクワクな催しをするとのこと

お近くの方は、お店に言ってその詳細をぜひ聞いてみては?

私も今から楽しみ~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/13

まほろ駅前多田便利軒

013

誰しも傷は持っている

それは、体かもしれないし、心の中かもしれない

そして、その傷が治らずに一生付き合っていかなくてはならない人もいる

けれど、それが不幸な訳では決してない

なぜなら

「すべてが元通りとはいかなくても、修復することはできる」

のだから

そう、一度起きたことは元通りには戻らない

でも、ほんの少しだけでも治ることはあるし、修復するチャンスはある

それに、治すことを諦めて別の方法を選ぶという道もある

だから、決して幸せになることを諦めることだけはしちゃいけない。

そんなことを思わせてもらった

ちょっと破天荒な男二人の、まるでロードムービーのようなこの小説

傷を負った二人を通して、心が痺れた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/08

5×2

人にはそれぞれ分かれ路がある

どちらを選ぶかは自分次第

「あの時、あっち側を選んでいたら・・・」と後悔する人もいれば

自分の選んだ道が正しかったと信じて疑わない人もいる

また、それが分かれ路だったということに気付かずにすぎる人もいるだろう

美しく希望に溢れた出会いが、諦めとむなしさの別れになるかもしれないし、その逆もしかり

どちらを選ぼうと、そしてどちらを選ばなかったにせよ、もしかしたら、その人にとっての行きつく先は同じなのかもしれないし、全く変わっているかもしれないし、それはやっぱり分からない

でも最初や最後がどうであっても、その途中には、必ず光り輝くものがあったことは間違いないはず

その光輝いて見える方を人は選び進んでいくのだから

そうして一歩踏み出したら、今度は、また別の分かれ路が現れる

その繰り返し

結果は分からない、ならば進まないより、光を求めて進み、振り返った時に「あぁ、光が沢山あったな」と思える生き方をしていきたいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/02

食いしん坊会

リヨンで知り合った友人達とは食の好みがぴったり

お陰で、今ではすっかり家族ぐるみでのお付き合いが続いている

そのうちの一人、Yちゃんは自他共に認める料理上手

ヘタなレストランに行くより、Yちゃんちに行った方が間違いない!ってな感じ

Yちゃん指令により、私はデザート&飲み物担当。Rちゃんはアンティパスト&パン&飲み物担当

「どこのデザートにしよう?」

「飲み物はRちゃんとかぶらないようにしなくちゃ!」

等々考えるのも楽しみの一つ

で、今回思いついたのが、滋賀県にあるヒトミワイナリーの「田舎式微発泡にごりワイン」

005

辛口なうえ、綺麗なロゼの微発泡だから、食事にも合わせやすい&華やかで「よしっ!!」と思っていたのに、すっかり冷蔵庫に忘れてしまった・・・

気がついた時には首都高速。。。なので、これは我が家で消費することに。。。

そこで、急きょワインはデザートを買いに行った「ピエールガニェール」のお店の横にあったENOTECAで購入。何とか指令はクリア

Yちゃん宅に着き、揃ったところで「乾杯!」

001 003

004

これ以外に、グリーンサラダ、フォアグラ&イチジクジャム、〆に黒豆ご飯と盛り沢山な上、どれもこれも本当に美味しい!!

改めて、こうして遠慮なく食べて飲めて笑いあえる、何より食の好みがばっちり合う友人達と出会えたことに感謝

お土産にお手製ベーグル&イチジクジャム&パリ土産まで頂き、とっても幸せ

もっと、近くに住んでいたら、週に3日は通っているのに・・・

次回皆で会えるのはRちゃんの結婚式

また色々な話をして、ご飯を食べて、旅行に行こうねー

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »