« 100歳の少年と12通の手紙 | トップページ | ボトル・ドリーム »

2011/08/10

ファンタジーと現実

Rickyはファンタジーなのに、とても現実的

しあわせの雨傘は現実を描いているのに、ファンタジーな世界を感じさせる

でも、それが観ていても全く違和感なく作品に没頭できるのがこの監督のすごいところ

そして、

人間の醜い部分と美しい部分

社会の残酷さと素晴らしさ

絶望と希望

そして女性の強さと弱さが

一方では重々しく、もう一方では軽やかに描き分けられている

一筋縄じゃいかないオゾン監督の作品

やっぱり好きだな

|

« 100歳の少年と12通の手紙 | トップページ | ボトル・ドリーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なになに?!
ファンタジーなのに、現実的なの?
面白そう☆

これを観たら
超現実的な私の毎日の生活にも、ファンタジーを感じられるようになっちゃうかな?(笑)

投稿: ユキコ | 2011/08/13 20:40

ゆきちゃん
コメント遅くなってごめんね~!!
うまい表現が見つからないのだけれど
この映画はファンタジーな要素を取り入れることで、現実にある本当に大事な物は何なのか?ということを問いかけていると思ったの。
だから、もう一度自分にとって大切な物の存在を見つめ直そうと思えた作品だったよ
それから、現実の中に奇跡があることにも気づけるかなhappy01

投稿: acco | 2011/08/22 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/52434963

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタジーと現実:

« 100歳の少年と12通の手紙 | トップページ | ボトル・ドリーム »