« 2012 | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日’64 »

2012/01/26

カカオ豆からチョコレート

大好きなパティスリーMaison Wenikoとカカオハンターとして活躍中の小方真弓さんとのコラボ企画

まずは温かいショコラ・ショー
スパイスが効いていて美味しい~
015

最高品質の『カカオ豆』を求め世界中を巡り、高品質チョコレートを作りだす活動を行っている小方真弓さんのカカオについてのお話は、今まで知らなかったことばかり!

この機械で、微粉砕したチョコレートを練り上げる。
練りあがったチョコレートはつやつや綺麗

014030_2

実際のカカオとカカオ豆
017016_2

香りを嗅いだり、中身を食べてみたり

こちらは、ギロチンカッター(笑) スイス製
021022

こうして、カカオの断面を見て、紫色と茶色の割合をチェック

この割合でチョコレートの味が決まるとのこと

紫色が多いと、渋み、苦みが強くなり、発酵させることで茶色になり、まろやかになっていくのだそう

カカオの生豆を低温で焙煎は~、幸せの香り
024031

焙煎したカカオ豆の皮を取り除き、粉砕したものを味見してみる
045_3039

・・・うっ、さすがにこのままでは、あまり美味しくない・・・
これに砂糖やココアバター、バニラ、粉乳などをプラスして時間をかけて練り上げていきチョコレートを精錬していく。

そしてテンパリングすることで、やっと美味しいチョコレートが出来上がり

テンパリングしている間にWenikoさんの新作『ショコラのミルフィーユ』と
コーヒーアゴーゴーのこの日のためにブレンドしたチョコレートに合うコーヒーをを頂きながら、質問タイム

たまらない美味しさ!!!
これは、ぜひ店頭にも出してほしい!!

041_2

好奇心がむくむく湧いてくるようなお話と、なかなか出来ない体験プラス美味しいお菓子であっという間の2時間

それにしても、チョコレートを作るのに、
こんなに手間暇かかるんだ!ということに驚くとともに
一粒、一粒が高い理由にも、すっかり納得
そして、美味しいものを作りだす作業というのは、
とっても大変だということを改めて実感させてもらった

お土産に練りたてのチョコレートで作った
板チョコ&フランボワーズのボンボンショコラ
048_2

板チョコはこのまま冷蔵庫で熟成
バレンタインデーくらいが一番食べごろとのことで、
それまではぐっと我慢!!

もちろんボンボンショコラは美味しく頂きました♪

|

« 2012 | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日’64 »

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

カカオ豆を輸入しましたので、チョコレートを作ってみようと思っていますが、煉って、細かくする機械をさがしています。

ネットで紹介されています、写真の機械はどこれ入手できるのでしょうか。教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿: 松木傑 | 2012/01/30 11:12

松木さま
ごめんなさい、この機械は小方先生がお持ちになられたものなので、どこで入手されたか等の詳しいことは分からないのです・・・
お役に立てず申し訳ありません

投稿: acco | 2012/01/30 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/53829846

この記事へのトラックバック一覧です: カカオ豆からチョコレート:

« 2012 | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日’64 »