« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/29

春みっけ

ベランダのミント
新芽がぞくぞく顔を出し始めた

002_2

さぁ、春がやってきた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/27

マーガレット・サッチャー

マーガレット・サッチャー元英国首相

名前はもちろん知っているけれど、どんな政治家だったのかは知らなかった

イメージ的には、やはり『強い女性』

それも、「怖い」とか「冷徹」さを持つ「強さ」だと思っていた

もちろん、そういうどちらかというと、マイナスなイメージを付けようと旧ソ連が発言し、それをメディアが広めたあだ名だったのだけれど、「鉄の女」というのはあながち間違いではなかった

それは「怖さや冷徹さを持つ鉄」ではなく、「意志の強さが鉄のように強固」だったと言えるから

彼女の意志の強さは、並ではない

けれど、その強さが無ければ、1国を率いて行くことは出来なかった

あの時代、それも女性初の首相となればなおのこと

では、なぜそこまで強くいられたのか?

一つには、彼女の父の言葉があったのだろう

「考えは言葉になり、言葉は行動へと移り、行動は習慣になり、習慣は人格になり、人格は運命(さだめ)になる」

この言葉を常に胸に置き、常に考え、行動し、運命を切り開こうと「鉄の女」になって、イギリスを支え続けた

「英国を以前のような誇りある国に戻す」という信念のもとに

そしてもう一つには愛する家族の存在

彼女だって一人の女性であり、弱さも心細さもあったはず

それを温かく包み、常に彼女の見方でいてくれた夫の存在は何物にも代えがたい彼女の心の支えだったのだ

そのことが、作品を観ている間中、痛いくらいに感じられて、途中涙が出そうになる

様々な葛藤、苦悩、悲しみは、ほんの一時の穏やかさと笑顔と冗談で乗り越えられたのだと、そう思った

語り始めればきりが無くなりそうなほど、とても見応えのある、心に残る私にとっての名作

そして、最後になったけれど、メリル・ストリープの演技の素晴らしさに、ただただ圧巻!心が震えた

まだご覧になってない方には、ぜひ観て頂きたい作品です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/21

田舎の面白さ

都会には都会の

田舎には田舎の素晴らしさがある

けれど、残念ながら住んでいる本人は、その土地の魅力に気付かないことが多い。(あまり特色を持たないように思える地方に住む人は特に・・・)

けれど、改めて周りを見回すと、実は意外なところに地方ならではの特色があり、それが魅力や面白さであることに気付かされる

そして、そうした特色を伸ばしていけば、これからは地方も、もっともっと面白くなるはず!

そうなるためには、まず、そこに住む人が地元の魅力を知ることが大事だと、この本を読んで改めて実感した

私自身、あまり魅力を感じられなかった地元である『茨城県』

でも、今は、地元がどんどん好きになってきている

その理由の一つが

サスガ☆カミスガ

茨城を盛り上げようという、熱さ満点の方々が繰り広げる楽しいイベント

前回よりも規模が大きくなって、4月1日の10時からJR上菅谷駅前の宮の池前通りで開催されます

県内の方、そして県外の方も、ぜひ茨城の面白さを

そして、サスガ☆カミスガの『おもてなし』を体験しに来てください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/14

en boca

LE CAFE DU BONBONのお菓子教室が終わり、
先生と私たち生徒4人の計5人で近所の『en boca』へ

お野菜たっぷりのメニューと自然派ワイン、
内装のセンスの良さに、すっかり心躍る

まずはサヴォワ地方の白ワインで乾杯
みんな飲める口なので、空くのも早い(笑)
すぐに赤ワインを頼むことに・・・

その間、ぞくぞくと美味しそうなお皿が出てくる、出てくる

ピザは全てハーフアンドハーフにしてもらったので、
全部で6種類の味を楽しめた

マイクロキウイ&シェーブルのチーズ、鴨の生ハム、燻製盛り

013 015

蒸し野菜の盛り合わせ、シイタケのピザ、レンコンのピザ

018_2 020

5種類のトマトのピザ、春菊のピザ、筍のピザ、カラスミのピザ

021 023

教室を始めてまだ3か月
お会いするのはまだ3回目
それでも、美味しいものが大好き!という共通点があるからか、
どんどん盛り上がり、あっという間に時間が過ぎてしまう

それにしても、先生を始め、皆さんとても素敵すぎるし面白すぎる!!
こういう出会いに心から感謝

とっても楽しかった&デザートピザまで食べたかったのだけれど、
終電の時間が迫っていたので、後ろ髪をひかれながら、その場を後に

4月は教室がお休みなので、次に皆に会えるのは5月
またその時に色々と楽しく美味しい計画を立てたいな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/12

鯨ケ丘のひな祭り

『第4回スロータウン鯨ヶ丘 ひなまつり』

思い思いに飾られている雛人形や吊るし雛

天保時代のものから現代のものまで

大事に代々受け継がれたものばかり

戦争時に、満州から日本へ帰国する際に、船便で送られたものまであり、その時代、その時代に思いを馳せる

042041_2

050044

054_6055

これらの飾りを見て回るだけじゃなく、スタンプラリーやお買いもの、美味しい食事も楽しめる

3月25日(日)まで開催とのこと

古い街並みを歩きながら、ゆったりと優雅が時間を楽しんでみては?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/06

ヒューゴの不思議な発明

Hugo_w_3_2

映画館は、いつの時代も人をワクワクさせる不思議な場所

自分が体験できないような冒険やアクションにドキドキ、ハラハラしたり

人間ドラマに笑ったり、涙がこぼれたり、深く考えさせられたり

ロマンチックな恋愛模様にうっとりして憧れたり

あまりの恐ろしさに、ぞっとしたりetc.etc.

とにかく、何かしらの感動を生み出す場所なのだ

大学時代に観た、メリエスやその他のトーキー映画

不思議な世界観に、胸が躍ったことを思い出す

そして、改めて「映画が好き」という思いが湧いてきた

ヒューゴは言う

「この世界が一つの大きな機械だとしたら、僕はその一つ一つを修理したいんだ」

お父さんの最後の言葉を聞きたくてはじめた機械人形の修理は、いつしか周りの人々を修理することに繋がって行く

夢を観ることの大切さ、夢をあきらめて蓋をしてしまうことの哀しさや辛さが、ヒューゴとイザベルの小さくて大きな冒険を通して伝わってきた

そして、いつしか観ている自分たちの心も修理されていることに気付く

エンディングテーマのZAZの歌が、またピタリとはまり、最後まで良い夢を見せてくれる

監督が言うように、すっかり映画の魔法にかけられてしまう、素敵な作品だった

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012/03/01

落ち着く場所と好きな場所

基本的に、お茶をすることが好き

だからカフェや喫茶店はついつい立ち寄ってしまう

そしてここ数年で、茨城に素敵なお店が沢山増えたように思う
(いや、前からあったのかもしれないけれど・・・)

お洒落で、でもお洒落過ぎず
椅子の座り心地が良くて
良い香りがして
スタッフの方が、にこやかで
ゆるゆるとした空気が流れて
もちろん、コーヒーもケーキやお菓子、軽食まで美味しくて
ついつい長居してしまうお店

私も、これらの素敵なお店をお手本に、
盗めるところは盗んで(笑)
お客さんに『居心地良いな~。好きだな~。』
と言ってもらえる空間を作れたらいいな

それにしても、人が淹れてくれたコーヒーって、ほんとたまらなく美味しいー♪

120301_1245511
こちらも、大好きなお店の一つ
大工町にある『オカエリ。喫茶室』
どれも、丁寧に作られていて、とっても美味しい
特に、パンは一口食べて、にんまり

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »