« ヒューゴの不思議な発明 | トップページ | en boca »

2012/03/12

鯨ケ丘のひな祭り

『第4回スロータウン鯨ヶ丘 ひなまつり』

思い思いに飾られている雛人形や吊るし雛

天保時代のものから現代のものまで

大事に代々受け継がれたものばかり

戦争時に、満州から日本へ帰国する際に、船便で送られたものまであり、その時代、その時代に思いを馳せる

042041_2

050044

054_6055

これらの飾りを見て回るだけじゃなく、スタンプラリーやお買いもの、美味しい食事も楽しめる

3月25日(日)まで開催とのこと

古い街並みを歩きながら、ゆったりと優雅が時間を楽しんでみては?

|

« ヒューゴの不思議な発明 | トップページ | en boca »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!
とても可愛いお雛様の画像ですねheart04それにつるし雛が蝶みたいに・・と思ったら蝶じゃなくて稚児人形みたいなもの??実際のものはとても綺麗なんだろうなーと想像できますshine
徳島にいた時に同じような催しがあったのですが、お雛さまって顔形も時代によって違いがあるし、東西でも少し違いがあるんだなーなんて気づいたんですよwinkこの地区のものも素敵ですねnote

投稿: ソックスモンキー | 2012/03/13 12:46

こんばんはhappy01
初めて行ったのですが、予想していた以上に色々なお雛様や雛飾りがあることに驚き、感動しました!
そう、この枝についているのは稚児でした。お花みたいで、とても可愛かったです
本当に、時代によって顔が違いますよねsign03私はふくよかな丸い顔をしたお雛様がとても好みで、見ていて笑顔がこぼれちゃいました。東西でも、違うのですかー?それはちょっと興味ありますねhappy02
茨城でも、数か所でこうしたひな祭りが開催されているらしいので、来年はもっと他の地域のお祭りにも参加してみたいな~heart

投稿: acco | 2012/03/14 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/54206007

この記事へのトラックバック一覧です: 鯨ケ丘のひな祭り:

« ヒューゴの不思議な発明 | トップページ | en boca »