« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012/05/31

負けるもんか

頑張っていれば、いつか報われる。
持ち続ければ、夢は叶う。
そんなのは幻想だ。

たいてい、努力は報われない。
たいてい、正義は勝てやしない。
たいてい、夢は叶わない。

そんなこと、現実の世の中ではよくあることだ。

けれど、それがどうした?
スタートはそこからだ。
 

新しいことをやれば、必ずしくじる。
腹が立つ。
だから、寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる。

さぁ、昨日までの自分を超えろ。
昨日までのHondaを超えろ。

負けるもんか

駅のホームで見つけた看板

何気なく文章を読むうち、お腹の底に力が入り背筋が伸びた

私だって『負けるもんか』

自分自身に、しっかり言い聞かせた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/28

知っているようで知らない場所

子供の頃から当たり前のようにある千波湖

家族連れの憩いの場であったり

カップル達のデートコースだったり、

学生たちが部活の練習をしたり

友人同士で軽いピクニックをする場所だったり

散歩やマラソンコースだったりetc.etc.

昔からその風景はあまり変わらないように思う

010_3

011_2

021

050

そんな良く来ていた場所のはずなのに・・・

今回初めて発見したものもあったりする

滝だー!!
035

思わずテンションあがりました

知っているようで知らないこと、きっと他にもありそうだ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/05/25

気質

フランス語教室での会話

先生:なぜフランス人は否定形を使いたがると思いますか?例えば、『寒い』を『暑くない』と言ったり、『安い』を『高くない』と言ったり。

Aさん:それほど寒くないとか、それほど安くないとかいう時には、否定を使う?

先生: むしろとっても暑い時とか、とっても高い時に使うのよ

Bさん:う~ん。。。ちょっと、ひねくれてるから?

先生:その通り。フランス人はストレートに表現することをつまらないと感じるの。でも、考えて回りくどい言い方をするわけではなくて、もう自然にそうなってしまう気質なのね。そうして、ちょっと上手い言い方をした時に『よしよし(笑)』と自分自身を面白がるところがあるのよ。相手が面白いと思わなくても、自分が面白いと思えばそれで満足なのね

一同:はぁー・・・

Cさん:日本人がフランス語を話す時には基本ストレートに言ってしまうけれど、それはフランス人にとっては面白みが無いということになるのですね?

先生:そうね。でも、それは気質だから仕方が無いわね。
他にも、フランス人は人の話を遮ってでも自分の意見を聞いてもらおうとするし、1から10まで全て話そうとするけれど、日本人は最後まで言葉を言わなくても空気で有る程度察しましょうとなるでしょ?そういう日本語や日本人の気質を、羨ましいと思うフランス人も多いのよ。どうやっても、自分たちには出来ないしね(笑)。それに言葉の行間に意味を持たせるなんて、日本の文化は本当に素晴らしいわよね

なるほどー!うすうす、そういう気質なのか?とは思っていたけれど、フランス人本人から直接その通りと言われて、なんとなくすっきり

それにしても、さすが人生を倍以上楽しめる国民と言われるのが分かる気がする
だって、自分さえ面白ろければ、人がどう思おうが別に関係ないなんて、日本人とはやっぱりその辺がちょっと違うよな(もちろん、日本人でも、そういう人いるけどね・・・)

『えぇ~?そうくる?』とたまーに(ん?頻繁に?)びっくりしたことも多かったけれど、やっぱり惹かれる要因はその根っこにある面白さなのかもしれない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/24

テーブルコーディネイト

先日、バイト先のリストランテヨシミで開催された
テーブルコーディネイト
ラッキーなことに、飛び入り参加させてもらえることに♪

まず最初はテーブルを彩るフラワーアレンジメントから

全員の作品が勢ぞろい
006_2

私のアレンジ。ちょっとギュウギュウな感じは否めないけど
なかなか様にはなってるかなー?

003

お次は、いよいよテーブルコーディネイト

避暑地で優雅な朝ごはん(勝手にイメージ)
007_2

ここに、前菜のプレートを載せると!

おぉ!思った通りの優雅さ(笑)
017_3

他の皆さまのテーブルコーディネイトはこちら

お花の活け方、テーブルコーディネイトの
基本的なことを丁寧に教えていただいたお陰で
初めてにしては、とっても満足な出来栄えに!!

これから、コンスタントに開催されるそうなので、
興味のある方はお店に問い合わせてみてくださいね

RISTORANTE YOSHIMI
TEL&FAX 029-248-4432
HP http://www.r-yoshimi.com/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/05/21

DM

友人の個展のDM

002

写真も自分で撮ったとのこと

この雰囲気があまりに素敵で
早速お部屋に飾って、うっとりさせてもらってます

もちろん、作品もとても美しく雰囲気があって
食卓にも、すっとなじむので
我が家では、毎日使う食器として大活躍中

食べ物も飲み物も、とっても美味しそうに見える
才色兼備なガラスたちです

【ガラス展の詳細】
6月8日(金)~14日(木)までの1週間
浜松市の「ギャラリーまるまるわ」で開催されます
8日は友人も在廊しているそうです

また、松本クラフトフェアや関東でも6月頃に2人展があるとのことです
興味のある方はぜひ、足を運んでみてくださいね

詳しくは
8823/glass work

また、こちらのDMを数枚頂いてきました
もし、欲しい方がいらっしゃったら、
メール(プロフィールにアドレスあります)
もしくはコメントを頂ければ、お送りしますよ♪
限定4枚早いものがちです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/15

高山へ

今年もやっぱり高山は楽しかった

友人の家からの風景
遠くにうっすら雪をかぶった北アルプスが

042

いつも私たちが寝るお部屋に飾っておいてくれるお花
さりげない感じが毎回とても素敵
彼女のこういうセンスを見習いたいな

051

まるで夏日
052_2

お世話になった上にお土産まで・・・

その1
昔ながらのパン屋さんで作られていたコンヴェルサッシオン
優しい味わいで、何個でも食べられちゃう美味しさ

056

その2
岐阜にある山田珈琲の豆
深さの中にある甘みがとっても美味しい♪香りも良いいな~

065_2

その3
無農薬農家さんから頂いたほうれん草のお裾分け
すごく味がしっかりしてるー!!美味しいー!!

063_4

その4
夫の灰皿が欲しいといったら、こんな素敵な作品を出してくれて・・・
これは、灰皿にはせず、食器として使わせていただきます!!
066

今年も沢山お世話になりました!
色々と本当にありがとう

2人のさらなる活躍、これからも楽しみにしてるね
そして秋にまた会いましょ~

続きを読む "高山へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/10

The ARTIST

001

無声なのに
ずっと声を聞いていたような

モノクロなのに
ずっと色を感じていたような

そんな不思議な感覚に陥る

ストーリーはどこにでもある感じなのに
何故かとても新鮮に感じ

音楽は、どこか懐かしさを感じるのに
とても新しく感じた

全ての調和が素晴らしくて
「ARTIST」の世界を見事に作り出していた

ロマンティックで楽しくて、泣けてきて、ハッピーになれる
映画の良いところがぎゅっと詰まった大好きな作品

映画館で観れて、本当に良かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/09

楽しい会食

またまたGWのお話

2日目は料理教室の友人が企画してくれた「食事会」

お店のアイドルタイムにお邪魔したから、まるっきり貸切状態

相変わらずの美味しい料理を頂きながら、とりとめもない話をぺちゃぺちゃと

028

030

プラス、友人が「一人1品お菓子を作ってくる」というお題を出したので、皆、何を作ってきたのかウキウキ

こちらはI夫妻共同作業の洋風どら焼き
卵の風味がして、甘さも程良くとっても美味しくいただきました

033

他にも、苺とマスカルポーネのマフィン
パウンドケーキを別の生地で包んでそのままギフトボックスになりそうな焼き菓子

って・・・写真を撮ったはずなんだけど、どのファイルにも無い!
えーーー!!と、気がついた時には、時すでに遅し
すべて美味しく頂いてました・・・パスタも撮り忘れてるし
笑えない(涙)

パウンドケーキは他のものと一緒に写っているものがあったので、別の時にこっそり紹介するとします
ちなみに、私が作ったものはこちらです

今回は、GW&急きょ決まったので、予定が合わず参加できない方もいた&シェフも次回は作るというので、また第2弾「手作りお菓子持ち寄り会」やりましょー

最後に楽しい時間をありがとうございました
これからも、色々とお付き合い願います☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/08

笠間の陶炎祭

いまさらGWの話題も無いものでしょうが・・・

今年も笠間の陶炎祭に行ってきました

私たちが行ったのは、初日29日

初夏のような陽気と人の熱気に
自然とテンションも上がってしまいます

大人たちはビールを楽しみ
子供たちはかき氷をほおばり
美味しい屋台飯を
気持ちの良い音楽を聞きながら食べ
ちょっと休憩

そして、高価な陶器に目を奪われながら
自分のお気に入りの陶器を探し歩く
同じデザインでも、表情が一つ一つ違うから
その中でも自分の1番を選ぶのが
また楽しい

たまに、おまけをしてくれたり
作家さんと、何気ないお話をしたり出来るのも
陶炎祭の魅力の一つ

連れて帰ってきた作品達はこちら

滝沢三奈子さん
037_2

市崎恵美子さん
039

清ら工房(船串篤司さん)
041

どの器も、早速使いまくってます

こうして、少しづつ気に入った器が増えて行くのが嬉しいな

また来年も楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »