« テーブルコーディネイト | トップページ | 知っているようで知らない場所 »

2012/05/25

気質

フランス語教室での会話

先生:なぜフランス人は否定形を使いたがると思いますか?例えば、『寒い』を『暑くない』と言ったり、『安い』を『高くない』と言ったり。

Aさん:それほど寒くないとか、それほど安くないとかいう時には、否定を使う?

先生: むしろとっても暑い時とか、とっても高い時に使うのよ

Bさん:う~ん。。。ちょっと、ひねくれてるから?

先生:その通り。フランス人はストレートに表現することをつまらないと感じるの。でも、考えて回りくどい言い方をするわけではなくて、もう自然にそうなってしまう気質なのね。そうして、ちょっと上手い言い方をした時に『よしよし(笑)』と自分自身を面白がるところがあるのよ。相手が面白いと思わなくても、自分が面白いと思えばそれで満足なのね

一同:はぁー・・・

Cさん:日本人がフランス語を話す時には基本ストレートに言ってしまうけれど、それはフランス人にとっては面白みが無いということになるのですね?

先生:そうね。でも、それは気質だから仕方が無いわね。
他にも、フランス人は人の話を遮ってでも自分の意見を聞いてもらおうとするし、1から10まで全て話そうとするけれど、日本人は最後まで言葉を言わなくても空気で有る程度察しましょうとなるでしょ?そういう日本語や日本人の気質を、羨ましいと思うフランス人も多いのよ。どうやっても、自分たちには出来ないしね(笑)。それに言葉の行間に意味を持たせるなんて、日本の文化は本当に素晴らしいわよね

なるほどー!うすうす、そういう気質なのか?とは思っていたけれど、フランス人本人から直接その通りと言われて、なんとなくすっきり

それにしても、さすが人生を倍以上楽しめる国民と言われるのが分かる気がする
だって、自分さえ面白ろければ、人がどう思おうが別に関係ないなんて、日本人とはやっぱりその辺がちょっと違うよな(もちろん、日本人でも、そういう人いるけどね・・・)

『えぇ~?そうくる?』とたまーに(ん?頻繁に?)びっくりしたことも多かったけれど、やっぱり惹かれる要因はその根っこにある面白さなのかもしれない

|

« テーブルコーディネイト | トップページ | 知っているようで知らない場所 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お~何て興味深い一場面なのでしょうshine
こんな風な会話をまさかフランス語でなさっているのですか??
先生、とても素敵な方なんでしょうね。言葉を覚えるテクニックばかりじゃなく、国民性や文化までふまえて理解してこそ本物の会話をした時に生きてくるんですもんねconfident
でも説明にあるフランス人気質・・・最近フランス文学をかじってみてすごくうまずけちゃいましたhappy02

投稿: ソックスモンキー | 2012/05/31 20:28

ソックスモンキーさん
『全てフランス語で会話してます!』・・・なんて言えたら、どんなにいいでしょうね(笑)
もちろん(?)日本語ですcoldsweats01
そうなんです、本当に素敵な先生です!
様々なフランスを知ることが出来るのは、本当に楽しいですし、ますます言葉を頑張ろうという気持ちになれます

フランス人気質&フランス文学ともに、なかなかやっかいですよねbearingまぁ、そこが面白かったりするのでしょうが(笑)

投稿: acco | 2012/06/01 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/54796104

この記事へのトラックバック一覧です: 気質:

« テーブルコーディネイト | トップページ | 知っているようで知らない場所 »