« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/30

悲しみのミルク

負の感情の遺伝

その遺伝を、少しづつ、少しづつ解きほぐしていく

人の強さと弱さ
明るさと暗さ
過去の遺恨と未来への希望
ラテンアメリカの光と影の部分を
静かに、静かに描いている

忘れてはいけない哀しい記憶を心に収めながらも
やっと半歩前に足を出すことが出来たラスト

『人は人のペースで進めば良い』
そんなことを感じさせてもらった作品

続きを読む "悲しみのミルク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/25

オトナノナツヤスミ

『センスの良い人』

この言葉がぴったりな彼女

服や物を見るセンスはもちろんのこと

言葉や考え方、生活の仕方、
つまり人としてのセンスが抜群

大切な友人であり、常にあこがれの彼女

そんな彼女がいよいよ戦闘開始(笑)
デビュー戦!のお知らせが届きました

015

日本橋にある『ヒナタノオト』の展覧会

オトナノナツヤスミ : 2012/8/4~8/29(木曜休み)

まきの器の大ファンとしては、ウキウキな展覧会

オトナノナツヤスミを満喫しに行ってきます♪

他にも、素敵な作家さん達の作品も展示されるので
ご興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね

思い出に残る夏の一時を過ごせそうですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/19

アイスコーヒー

夏でも出来るだけ冷たいものは飲み食いしないように!
体の内側を出来るだけ冷やさないように!

そうそう、分かってます
分かっていても、意志の弱い私
すぐ欲望に負けてしまうのです

冷えたビール、炭酸飲料、
アイスクリーム、かき氷、
冷やし中華、ざるそば、
冷ややっこ、そうめん、
スイカに冷やし野菜etc.etc

たまーに製氷機から氷を取りだして
ガリガリ、ガリガリなんてことも。。。

でも、朝はホットコーヒー飲んでますよ(ちょっと得意げ)
なんて言っても、昼からはアイスコーヒー飲んじゃうのですけど

だって毎度お世話になっている
コーヒーアゴーゴー』の特上アイスコーヒーが美味しくて

一杯で止めておけば良いのに、ついついお代りしてしまって
結局体冷え冷えです。。。

005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/10

宇宙人ポール

絵に描いたような宇宙人の姿をしたポール

でも、中身はまるで人間

その辺にいるおっちゃんと、何ら変わらないように見える

タバコを吸い、酒を飲み、ハッパをくゆらせ
下品な言葉をガンガン言いながら
それでも未来を憂い、人に優しい

そして、そんなポールを見ていると
他の人間たちも
姿形が違うだけで、特にポールと変わらないように見えてくる

宇宙人だろうが
オタクだろうが
よそ者だろうが
変人だろうが

・・・と、これは言い過ぎだけど

普通に生活して知り合った時に
違うと言って排除するより
違うけど・・・と思って接してみると
なかなか面白いことが起こるのかもしれないね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/05

昼間から呑む

ビールの美味しい季節がやってきました♪
・・・と言っても、大抵いつでも美味しく飲んでますけど

それでも、夏のビールはやっぱり格別!
「あぁー美味しい!あぁー幸せ!!」
と毎晩、呪文のように二人の口から発せられております

それにしても、なぜ昼間飲むお酒というのは
夜以上に人を陽気な気持ちにさせるのでしょうね

陽気になる=酔っぱらう
ということなのですが
本当に一気に気持ち良くなります

最近は昼間飲むことはだいぶ減ったけれど
隙あらば?飲んじゃおっかな~と思ったり、思わなかったり。。。

そんな私の気持ちを揺さぶるこのタイトル
『昼間から呑む』
発見した瞬間、思わず手に持ってました

内容は、タイトル通り
なんとも情けなくてどーしようもない男の子の話

でも、なんだか観ていて、とっても良いのです
映像がちょっとザラザラしていて
全く今っぽくなくて
カッコ悪くて、情けないところをそのまま描いていて

いつの間にか、一緒に呑んでいる気分になって
一緒に気持ち悪くなって
一緒に情けない気持ちになって
観終わった後は「今日はお酒はいいや・・・」となってました

「オアシス」以来の韓国映画
全くもって侮れないです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/07/03

シレンとラギ

002_3_2

久しぶりの新感線の舞台

チケットが届いた時から、いつも以上にウキウキ
なんてったって、1階B列中央席だったんですもの!

初オペラグラス不必要な席にすっかり有頂天

お陰で劇場の場所、間違えちゃいましたけど・・・
あれ?なんかまだ開場してない?
と思ったら、別の舞台のポスターが・・・
思いこみって怖い・・・

運良く?赤坂から青山までの距離だったので
何とか開演5分前には着席出来ました

セーフ!!!って、めちゃめちゃ汗だく
怪しいくらい息荒いし

でも、間に合っちゃえばこっちのもん

オープニングからしっかり痺れさせて頂きました

舞台がめちゃめちゃ近かったお陰で今まで以上の一体感

夫なんて「なんか自分も舞台に立ってる気分でいた」なんて言っちゃうくらい

もう、迫力満点、舞台に釘付け、めくるめく別世界の住人として過ごせた幸せな3時間があっという間に過ぎさっていき、終わる頃には、感動と興奮で顔がにやけっぱなし

「これだもの、舞台は止められない」
って、まるで自分が役者のような感想を思わず言ってしまうくらい、新感線の舞台はサイコーなのです

続きを読む "シレンとラギ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »