« バランスとセンス | トップページ | 工房からの風 »

2012/10/23

『走れ』

複雑なんだけれど、単純なもの

子供にとっては、単純なこと

でも、大人になるにつれて、
その単純さに様々な物事が加わっていき
徐々に複雑なものに変化していく

そうして複雑になった物事に対して
見ないふりをする術を段々に覚えていくようになる

けれど、子供から大人になる時
単純にも、複雑にも出来ない、そんな時
どうしようもない孤独に駆られる

もがいて、もがいて
でも、どうして良いのか分からなくて

すぐに大人になりたい気もするし
でも、大人にはなりたくない気もするし・・・

そんな時は、脇目も振らず
何も考えず
前だけを向いて
とにかく『走れ』

ゴールがあるかは分からないけれど
自分の力で『走れ』ばいいのかもしれない

エンディングの歌がまた、拍車をかけて心を動かす

『何でも人のせいにするけれど、それじゃダメだ。
全て自分のせいなんだから』
そんなようなセリフが劇中で出てくるけれど
エンディングの曲を聴きながら
この言葉が頭の中を廻った

そうだ、私も、もう少し頑張って走ってみることにしよう

それにしても、エンディングの曲
めちゃめちゃ良かった&好きだなー

Stacks_image_3181

茨城、いいなーってこの作品を観て素直に感じました

都会のように、お洒落なお店も
刺激的な場所も多くはないけれど

それでも、美味しい食べ物に囲まれて

美しい自然に恵まれて

実は隠れた素晴らしい名店や名産が数多く揃っている場所

何より、こういう映画を、汗を沢山掻きながら
自分たちの手で作ってしまう人たちがいて
それを、応援してくれる人たちがいる、そんな場所

でも、そんなこと抜きにしても
この作品は多くの人に観てもらいたいです

きっと、それぞれで色々なことを感じられるはずです

地元の方は勿論、最終日が下北沢で上映されるので
県外の方もぜひぜひ足を運んでみてください

詳細はこちらをご覧ください→『走れ』

|

« バランスとセンス | トップページ | 工房からの風 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/55956586

この記事へのトラックバック一覧です: 『走れ』:

« バランスとセンス | トップページ | 工房からの風 »