« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/30

パリ 2012年 秋 食事編 #2

では、食事編#2

さくっといきましょう

Photo

Les Philosophes
 ショコラ・オ・レがと~っても美味しかったけど
 ランチも負けずにGOOD!!
 特に、前菜のイカが柔らかくて香りが良くて
 美味しさに思わず笑いがでちゃいました(笑)
 そして、デザート!!柿のムースだったのだけど
 不思議な食感とアマレットの香りがたまらなく美味しかった♪
 ただ、ランチ時はめちゃめちゃ混むので、テラス席がお勧めです
 

Photo_3

La ferrandaise
 パリ最後の食事
 大きな荷物を抱える私を嫌な顔一つせず
 歓迎してくれたお店の方々
 その心の広さがお料理にも出てる気がします
 最後にここでランチが出来て良かった!
 お肉も美味しかったけど、
 デザートのベル・エレーヌがもう、本当に美味しくて
 思い出しただけで、また食べたくなっちゃうくらい
 

他にも行きたいお店は沢山あったのだけれど、やっぱり一人だとレストランよりカフェに入ってしまったり、パンやサンドウィッチを買ったり、アパートで食事を作ったりして、思うようには行けなかったのが残念

次回行くときは、もっとレストランを攻めてみよっと

テイクアウト編へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/28

パリ 2012年 秋 食事編 #1

今年の12月は有難いことに、いつも以上に慌しく日々を過ごしておりましす
そして、気が付いたら、あと3日で今年も終わり
今年中に書き終わるかどうか・・・
来年も書いていたら・・・いえ、書いてますね(きっぱり)

「まだ続けちゃう?」と思わず
「仕方ないね~」と優しい気持ちで(笑)
どうぞお付き合いくださいませm(_ _)m

では、今回は食事編です

Photo_4

(上) Le Relais de Venise "son Entrecôte"
   一番最初に外食した場所
   メニューはステーキのみ
   2回に分けて焼き立てを持ってきてくれます
   時差ぼけ気味にも関わらず、とっても美味しくペロリといただきました
   美味しくボリュームたっぷりで、また行きたいお店
(下)Les Coulisses
   こちらは、昔ながらのザ・ビストロ!というお店
   満席の店内は活気があって、一人でもとても楽しく食事が出来ます
   そして前菜のフォアグラが美味~♪
   昼なのについついワインが進んじゃいました(笑)
 

Photo_5

(上左)Merci
    とってもおしゃれなセレクトショップのカフェ
    数種類のサラダの中から3種類を選んでいただきました
    旅をすると、ついつい野菜を取れなかったりするので、
    こちらではフランスの珍しいお野菜をタップリいただけます。
    その後のお買い物も楽しいし、ちょっと休むにも良いお店
(下左)Leon
    フランスに行ったらムール貝!と勝手に思っている私
    この時期は生牡蠣と迷ったのですが
    何となく思いつくお店が見つからなかったので
    前回、友人と行ったムール貝屋さんへ
    気軽に入れて美味しいので大満足♪
    
(右) Saveurs d'Asie
    パレ・ド・ショコラへ行った後にみんなで行ったお店
    久しぶりにさっぱりしたお料理を頂けて、とっても感動
    とにかく美味しかったな~
    ここも、絶対次回も行きます!

Photo_2

Chez Omar
モロッコ料理のお店。
野菜たっぷり、肉もたっぷりでお味は勿論抜群
モロッコのロゼワインはボトルがとても珍しく美しく
お料理にあって美味しかった
ギャルソンの方がとても陽気で楽しく
お腹も気持ちも大満足な食事が出来ました♪

あぁ、なんだか肉ばかり食べてましたね

今回は全く外れることなく(稀にウワッということもあるので・・・)
どれもこれも美味しいお料理、また行きたいお店ばかりでした!

それにしても、時差ぼけは多少あったにしろ
珍しく良く食べ、良く飲んだ旅だったなー

で、次回に続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/12

パリ 2012年 秋 カフェ編

Photo

(左上)レ・フィロゾフのショコラ・オ・レ
    これは、もう一回飲みたい&自分で作りたい!
    チョコレートが本当に美味しいんです
    周りを見渡すと、ショコラ・オ・レ率が高いのも納得
    体も心も温まりました
(左下)パティスリー・ヴェノワーズのショコラ・ショー
         最初にクリームの量はどうする?と聞かれたので
    少なめにっていったのだけど、
    溢れるばかりのクリームにびっくり。。。
    でも、飲んでみると甘くないので、これが結構癖になるんです(笑)
(右上)クラウスのショコラ・ショー
    優しいココアとサンパな店員さんで、朝から満足
    次はドイツの朝食を頂きたいです!!
(右下)ブレッド・アンド・ロージス
    タルト・オ・フランボワーズとフレーバーティ
    鉄瓶に入ったここの紅茶。
    香りがとっても良くて、量もたっぷりで大満足
    タルトも美味しかったですが、ここのパンも絶品でした
    

Photo_4

(左上)ポワラーヌカフェ&レストランのカフェクレーム
    おなじみスプーン型のクッキーが付くのが嬉しい
    店内はとってもシンプルで、椅子のすわり心地が気持ち良かった♪
    隣にブーランジュリーも併設しているので、
    パンやクッキーをお持ち帰りできるのもいいですよね
(左下)カフェ・シャルロのエスプレッソ
    見えにくいけど、ヴァローナのチョコレートが
    砂糖と一緒に入って持ってきてくれるので
    2本くらい食べちゃいました(笑)
    このアイデア頂きます
(右上)テール・ドゥ・カフェのカフェ・クレーム
    パリに来て、初めてラテ・アートを見ました!
    とても丁寧に入れてくれるし
    居心地の良いお気に入りのカフェでした
(右下)ジャック・ジュナンのミルフィーユとフレーバーティ
    突然現れるモダンなお店
    流暢な日本語を話すギャルソンと美人マヌカンたち
    皆さん、とっても丁寧な接客をしてくれます
    味は言うまでも無く、美味しすぎ!!
    一緒に付いてくるボンボンショコラのサービスも嬉しい
    思わずキャラメルやパート・ド・フリュイ、ケーキをお持ち帰りしちゃいまいした
    本当に美味しかったな~

他にも何件か立ち寄ったのですが、写真を撮り忘れました・・・

ゆっくりしたり
ただ、時間潰しに使ったり
本を読んだり、会話をしたり
ちょっと一杯飲んだりetc.etc.

時間の合間合間に気軽に利用できるのがカフェの良いところ

さりげないサービスも気兼ねなく行ける点の一つですね

やっぱり、パリのカフェが大好き
とにかく、どんなカフェでも片っ端から入りたい!
と気が遠くなるような、大きな野望を持って帰ってきました(笑)

次回は食べ物編へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/10

パリ 2012年 秋 店舗編 #2

Photo

(上)デ・ガ・ダン・ラ・キュイジーヌ
   マレ地区の人気レストラン
   蔦の感じがたまらなく好き
(下左)ポワラーヌのカフェ・レストラン
   ここのアップルパイ大好き♪お腹いっぱいで朝食を食べられなくて残念。。。
   そして、クッキーは相変わらず素朴で懐かしい味
(下右)ビストロ グルー
   小さい店内はもちろん、寒くても外で食事をする人たちがお洒落な方々ばかり
   思わず立ち止まってパチリ

 

Photo_2

(上)カフェ・シャルロ
   これぞ私のイメージしていたパリのカフェ!という雰囲気のお店
   お店に活気があって、ギャルソンたちのてきぱきした動きが印象的
(下左)ブレ・シュクレ
   ここのマドレーヌとブリオッシュは本当に美味しかった!
   思い出したら、また食べたくなっちゃう。。。
   あの味を再現できたら、最高だなー
(下右)名前は分からないけれど、ノートルダム寺院の近くにあったお店
   なんだか、絵本に出てきそうな感じが可愛くて、次回は行ってみたい

 

Photo_3

(上左)サンミッシェル近くにあったビストロ
    銅鍋一つ持って帰りたいくらい(笑)
(上中、上左)カフェ・シャルロの概観と中から見た景色
(下左)ルドリュ・ロランにあったレストラン
    ドアノブと全体の感じがとっても好み
(下右)パン・ド・シュクルのトレトゥール
    ずっしりと食べ応えのあるキッシュが印象的でした

Photo_5

(左)レジス・コラン
   バゲット、パン・オ・ショコラ、クロワッサンと
   どれもこれもめちゃめちゃ美味しかった!!
   ここは、何度でも通いたい!と思ったお店の一つ
   店員さんも、キュートで親しみやすかったのも嬉しい
(右)こういうドアが好き

こうしてまとめて行くと
「あ!あそこ、行き忘れてた!!」
とか
「何で、あの時あれを食べなかったんだろう。。。」
とか
「あそこで写真を撮らせてもらえば良かった・涙」
とか、きりが無くなってきます

今回は、結構沢山歩いて周って訪れた!と
その時は思ってたんだけどなー

でも、こういう心残りがあるから、また次回が楽しくなるんですけどね(ちょっと強がり)

あぁ、でもでも。。。いや、もうやめておこう

では、次回は食べ物編へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/08

パリ 2012年 秋 店舗編 #1

今回は、店舗編

この旅行の目的の一つが「パリの色々なお店を見て周る」こと

なので、目に付いたお店に入って、許可が取れた場所は内装を撮らせてもらったり(何度か中を撮るのを渋られ、あきらめることも多かったです)外観だけ撮ったり、結構バシャバシャ、カメラ小僧になっておりました

Photo

(上)CLAUS
   朝食セットがとにかくフランスっぽくないドイツ人オーナーのCLAUS
   内装もおしゃれで、接客も丁寧でとても居心地の良いお店でした
(下左)セーヌ川沿いにあった本屋さん
   散歩の途中で見つけた、とても美しい外観に心がキュン
   こんな本屋さんだったら、毎日通ってしまいそうです
(下右)アパートからすぐのリュクサンブール公園すぐ側のカフェ
   昔ながらの雰囲気で、パリに来たーっという感じ
   ギャルソンも素敵でした 

Photo_2

(上左)エピスリー・ブレッツ・カフェ 
    ブルターニュ地方食材が色々と楽しめて、お土産を選ぶにも最適
    高級バターのボルディエの様々なフレーバーもあって、選ぶのが楽しいです
(上右)レ・クリックス
    グラン・ブールヴァール界隈のパッサージュにある昔ながらのビストロ
    ガツンとしたビストロ料理だけど、美味しいからペロリといけちゃいます
    次から次へとお客さんが入るのが納得のお店
(下)マレ地区で見つけたお洒落な雰囲気のお店。
   素敵だったので、思わずパシャリ

Photo_3
(上左&下右)テール・ドゥ・カフェ
   とっても小さくてとってもお洒落なコーヒーショップ
   まさに、東京で流行りそうなお店(笑)
   カフェクレームも丁寧に入れてくれて、とてもサンパなシェフでした
(上右)レ・フィロゾフ
   とっても人気のカフェ。ギャルソンもイケメン揃い
   ランチで食べた柿のムースがとっても美味でした!
   そして、なんといってもショコラ・ショーが絶品
(下左)パッサージュ・パノラマにあったワイン屋さん
   この品揃えと雰囲気がとても素敵です

#2に続く  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/06

パリ 2012年 秋 風景編

旅行中にblogを書こうとPCを持っていったのに、結局1日目しか書けませんでした・・・
本当は毎日あったことを書きたかったのに・・・相変わらずヘナチョコです

で、今更?という感じですが自分の備忘録としてチョコチョコ書かせて頂きます

といっても、有難いことに12月はかなり忙しいので
とりあえず、今年中に書き終わることを祈って

今年のことは今年のうちに!!ですものね

では、今回は「パリの風景編」

Photo

(左上)パリと言えば、やっぱりエッフェル塔。この姿、惚れ惚れします
(左下)新しくなったオルセー美術館。とてもロマンティックな雰囲気
(右上)セーヌ川の眺めは、気分を穏やかにしてくれます
(右中)マレ地区でのジャズセッション。
     素晴らしすぎて感動しきり!!!
     ついつい、一緒にステップ踏んじゃいました

(右下)pont des arts(ポン・デ・ザール)
     愛を誓い合ったカップルの錠で埋め尽くされたフェンス。
     なんだか、微笑ましい愛の橋ですね

 

Photo_3

こちらは、ルーブル美術館の前に展示されていたモニュメント達
どれも風刺が効いていて、思わず笑ってしまうものばかり
こういうところが、流石フランスって感じですね

(上左)みざる、きかざる、いわざる?
上右)ばーばぱぱふぁみりー?
(下左)「すーぱーまん」が「ばっどまん」を!?
(下中)奥にはハリーポッターらしきポスターが
(下右)ダヴィデ・・・女子?

Photo_4

Photo_5

ダブってしまう写真もありましたが、ご愛嬌
それにしても、こうして思い返してみても、やっぱりパリの夜は格別です!!

今回、寒かったけどお天気もそれほど崩れず、ラッキー♪
なので、バスや地下鉄を駆使しつつ、ガンガン歩きましたよ
何度か道に迷って人に聞きながらでしたけど。。。

それにしても、どれだけ色々と周っても、そして色々と食べても、もっともっと見たい!食べたい!行きたい!場所は溢れているもので(苦笑)
だから、なお更「また行きたいっ!!!)となる訳で

まだまだ、フランスに行きたい願望は衰えそうもありません

なんとも魅力的で悩ましい国です

でも今度は、今回の旅を快く行かせてくれた夫と一緒がいいなー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »