« パリ 2012年 秋 番外編 #3 | トップページ | ショコラの会(20.JAN.2013) »

2013/01/31

パリ 2012年 秋 パリいろいろ

1月も今日で最後

いつもは時が経つのが早い早いと思うのだけれど、今月は珍しく長い一月でした
何だか子供の頃に感じた時間の感覚で得した気分(笑)

というのも、素晴らしい映画2本(レ・ミゼラブル&東京家族)に出会い、DVDも当たりが多く、去年から楽しみだった劇団新感線の五右衛門ロック「ZIPUNG PUNK」で最高の舞台を鑑賞するという、私にとって、最高の贅沢を堪能させていただいたからなのでしょうか(これらに関してはまた後ほど、感想書かせていただきます)

何はともあれ、面白いことが始まりそうな予感をさせてくれる年の初めでした

さて、やっと今回でパリ旅行のお話はおしまいです

長かったですね。。。
お付き合いくださった皆様、ありがとうございます(涙)

では、最後はちゃちゃっと行きましょう

Photo_2

10日間過ごしたアパート
あらゆるものが整っていてとっても快適
ただし、この鍵に泣かされました・・・
翌日、出かけて帰ってきたらどうやっても鍵が開かず
こりゃ、大家さんに電話するしかないかな。。。
と必死でフランス語を頭の中で組み立てているところに救いの神が!
きっと、あまりの形相だったのでしょうね
お隣のイケメン学生君が「どうしたの?大丈夫?」と来てくれて
「鍵がどうやっても開かないの!どうしたら開くの?」と言うと
いとも簡単に開くじゃない!!!
どうやらコツがあったらしく、その後、親切にレクチャーしてくれました
いやー、良かった良かった♪
それにしても、今思い出してもイケメン君だったな(笑)

Photo_4

お気に入りのカフェの壁。
19時~21時というのがパリらしい(笑)
パリで一番最初に作った夕飯は簡単パスタ
野菜や乳製品、卵、加工品とどれも味が濃くて
全く手をかけずにイロイロ作っても、どれも美味しかったな~
やっぱり、素材の力は凄いです!
そして、バスティーユの骨董市で買った一目ぼれの壷
何とか値切り交渉して、良い値でゲット♪
左下はいつも帰りがけに見ていた景色。
毎日見ても飽きない景色。

マダムエッフェルといわれる理由が分かります

Img_0280

携帯で撮ったので、画像が悪いですが
ボンマルシェの中に設けられたカルーセル
こちらは、子供たちようのノエルグッズや絵本、
おもちゃがそれはそれはめちゃめちゃ可愛くディスプレイしてありました。
子供がいたら、買いすぎてしまいそうなくらい!
こういう子供も大人も楽しめるセンスの良さはお国柄の気がします。
毎回、見習いたいなーと思うところです
 

Photo

最終日はボジョレー解禁日
帰りがけに、このお祭りにばったり遭遇!ラッキー
ビストロの外にテーブルを出し、その下には藁を敷き
田舎風を演出するという懲りよう!!
気のよいおじさんたちがボジョレーとチーズ、サラミやハムなどを無料で振舞ってくれました♪
重い重いスーツケースを運びながら、ついつい立ち止まって、数杯ご馳走になっちゃいました
最後の最後でまた良い思い出。こういう出会いが最高~!

Photo_3

最後は空港で。
旅行中は基本毎日ワインだったので、
最後にドゴール空港&トランジット先のフランクフルト空港で
ビール&おつまみ♪
これがまた「くぅ~っ」と至福のひと時でした(笑)

他に、教えてもらったファブリックブランドのお店Khadi and Coはもう一度行きたいお店
マダムがとても親切で
「母へのお土産を探してるんだけど、どれが良いか迷ってる」と言ったら
母が好きな色や髪の色、年齢や良く着る洋服の感じ等に加え予算(これが一番大事・笑)を丁寧に聞いてくれて、その後一緒にとっても時間をかけて探してくれました。
お陰でとても満足のいくストールを購入。
ラッピングの方法まで丁寧にレクチャーしてくれました
そして、あまりに素敵なストールが多くて、ついつい自分にも、とちゃっかり購入
「デタックスできる?」と聞いたら「残念ながら出来ないの」とのこと
それなら仕方が無いし、十分良い買い物が出来たので
「ありがとう」と言って帰ろうとしたら、マダムが
「ちょっと待って、かわりにこれをプレゼントするわ」
と真っ白なコットンタオルを持ってきてくれました
今思い出しても、本当に素敵な思い出
今も大切にタオル&ストールを使わせてもらってます
母は、と言えば想像以上に気に入って、そしてとても似合ってましたよ♪
マダム本当にありがとう!
次に行った時には、覚えてないだろうけど報告したいな

他には、オルセー美術館で買い物をして、前の店でおつりでもらったクシャクシャの10ユーロを出したら、レジのマダムが受け取ってくれなくて「何で?」と聞いたら「汚いから」の一言を言われ「出た、フランスマダム!」なんて思ったり

TGVで席に座ってたら「そこ私の席」と言われたので「またまた~」と思いちょっと強気で「いや、私予約してるし」と言い紙を見せたら「それ前の車両よ」と言われ赤っ恥をかいたり

空港では重量オーバーで手荷物にするためスーツケースを2回入れなおししたら、実は2パックまで無料で預けられるからと、もう一度別の鞄に入れなおし計3回も空港で荷物の整理をする羽目になり、冬なのに汗だくになったり。。。

とにかく「ひゃっほー」や「あちゃー」ということが沢山あった今回も面白おかしいフランスの旅でした。

そういうこと全てをひっくるめて、やっぱり旅は楽しいですね
そして、フランスは何度行っても飽きない国だと、改めて実感です

さくっとのはずが、めちゃめちゃ長くなってしまいました。。。
とりあえず、今回のフランス旅行話はこれにて終了

最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました

下は余力のある方どうぞ~

毎回、何かしらショックな目にあうことは多いのですが、残念ながら今回もありました。

2日目に地下鉄で女子高生くらいの3人組に囲まれ、スリにあいそうになって慌てて鞄を引き寄せ事なきを得、電車を降りたところで、親切なお姉さんに「あの子達はスリよ!今、ああいうことが多いから気をつけなさい!」と言われました。油断していたつもりは無かったのですが、やっぱり時差ぼけ&地下鉄が比較的安全だと思っていた1号線だったこともあってかついボーっとしてたのでしょうね。
何より、本当に普通の女の子達だったことがショックでした。手としては、空いているのに3人でギューギューと押してきて、一人の子が「この電車は○○駅に行く?」と聞いてきました。もう、ここでおかしいのですけどね。だって、普通に考えて日本人に聞かないでしょ、この質問。で「?」と思った時に鞄をひっぱられたような感触があったので、やばいと思ってひっぱり返してとりあえず「そこ止まるよ!」と言ったところ、3人が顔を見合わせて次の駅でそそくさと降りて行きました。一気に気が引き締まった一幕でした

また、私が今回泊まったアパートは5区でリュクサンブール公園も近くにあり、学生が多い比較的安全と言われる地区でした
勿論、危険を感じることは全く無く、快適に過ごせたのですが、4年前に比べて路上生活者がとても多くなっていたように思います。
アパートのすぐ近くにも、3人くらい寝袋とダンボールで寝泊りしている方々がいて、道を歩いていても若く働きざかりな年代の方々が物乞いをしていたり。。。
ある朝は、近くで路上生活をしている方のわめき声で目が覚めました。
はっきりとは聞き取れなかったし、語学力がそれほど無いので詳しいことは分かりませんでしたが国の政策に対する不満をぶつけていたようです。
流石に、そのわめき声の主がどこかに行くまで、アパートの中にいたのですが、やはりショックでしたね

それはリヨンでも感じたことで、美しさと居心地の良さは変わらないのだけれど、不況の余波が色々な場所に出ているように感じたことも確かです。
特に若者が仕事にあぶれている、そういう印象を受けました

そんな中、こうして海外旅行を楽しめるというのは心の底から感謝以外ありません。

そして、どんなにあがいても、どうにもならないことも世の中には多く、仕方が無いことも沢山あることを再確認しました。

今回、色々な意味で実りある学びのある旅になりました。
そこで得たこと、感じたことを自分の中でしっかり消化し今後に活かしていきたいものですね。

最後に、旅行を快諾してくれた夫に心から感謝です
本当にありがとう
次の海外旅行は一緒に行こうね!

|

« パリ 2012年 秋 番外編 #3 | トップページ | ショコラの会(20.JAN.2013) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/56661218

この記事へのトラックバック一覧です: パリ 2012年 秋 パリいろいろ:

« パリ 2012年 秋 番外編 #3 | トップページ | ショコラの会(20.JAN.2013) »