« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月

2013/01/31

パリ 2012年 秋 パリいろいろ

1月も今日で最後

いつもは時が経つのが早い早いと思うのだけれど、今月は珍しく長い一月でした
何だか子供の頃に感じた時間の感覚で得した気分(笑)

というのも、素晴らしい映画2本(レ・ミゼラブル&東京家族)に出会い、DVDも当たりが多く、去年から楽しみだった劇団新感線の五右衛門ロック「ZIPUNG PUNK」で最高の舞台を鑑賞するという、私にとって、最高の贅沢を堪能させていただいたからなのでしょうか(これらに関してはまた後ほど、感想書かせていただきます)

何はともあれ、面白いことが始まりそうな予感をさせてくれる年の初めでした

さて、やっと今回でパリ旅行のお話はおしまいです

長かったですね。。。
お付き合いくださった皆様、ありがとうございます(涙)

では、最後はちゃちゃっと行きましょう

Photo_2

10日間過ごしたアパート
あらゆるものが整っていてとっても快適
ただし、この鍵に泣かされました・・・
翌日、出かけて帰ってきたらどうやっても鍵が開かず
こりゃ、大家さんに電話するしかないかな。。。
と必死でフランス語を頭の中で組み立てているところに救いの神が!
きっと、あまりの形相だったのでしょうね
お隣のイケメン学生君が「どうしたの?大丈夫?」と来てくれて
「鍵がどうやっても開かないの!どうしたら開くの?」と言うと
いとも簡単に開くじゃない!!!
どうやらコツがあったらしく、その後、親切にレクチャーしてくれました
いやー、良かった良かった♪
それにしても、今思い出してもイケメン君だったな(笑)

Photo_4

お気に入りのカフェの壁。
19時~21時というのがパリらしい(笑)
パリで一番最初に作った夕飯は簡単パスタ
野菜や乳製品、卵、加工品とどれも味が濃くて
全く手をかけずにイロイロ作っても、どれも美味しかったな~
やっぱり、素材の力は凄いです!
そして、バスティーユの骨董市で買った一目ぼれの壷
何とか値切り交渉して、良い値でゲット♪
左下はいつも帰りがけに見ていた景色。
毎日見ても飽きない景色。

マダムエッフェルといわれる理由が分かります

Img_0280

携帯で撮ったので、画像が悪いですが
ボンマルシェの中に設けられたカルーセル
こちらは、子供たちようのノエルグッズや絵本、
おもちゃがそれはそれはめちゃめちゃ可愛くディスプレイしてありました。
子供がいたら、買いすぎてしまいそうなくらい!
こういう子供も大人も楽しめるセンスの良さはお国柄の気がします。
毎回、見習いたいなーと思うところです
 

Photo

最終日はボジョレー解禁日
帰りがけに、このお祭りにばったり遭遇!ラッキー
ビストロの外にテーブルを出し、その下には藁を敷き
田舎風を演出するという懲りよう!!
気のよいおじさんたちがボジョレーとチーズ、サラミやハムなどを無料で振舞ってくれました♪
重い重いスーツケースを運びながら、ついつい立ち止まって、数杯ご馳走になっちゃいました
最後の最後でまた良い思い出。こういう出会いが最高~!

Photo_3

最後は空港で。
旅行中は基本毎日ワインだったので、
最後にドゴール空港&トランジット先のフランクフルト空港で
ビール&おつまみ♪
これがまた「くぅ~っ」と至福のひと時でした(笑)

他に、教えてもらったファブリックブランドのお店Khadi and Coはもう一度行きたいお店
マダムがとても親切で
「母へのお土産を探してるんだけど、どれが良いか迷ってる」と言ったら
母が好きな色や髪の色、年齢や良く着る洋服の感じ等に加え予算(これが一番大事・笑)を丁寧に聞いてくれて、その後一緒にとっても時間をかけて探してくれました。
お陰でとても満足のいくストールを購入。
ラッピングの方法まで丁寧にレクチャーしてくれました
そして、あまりに素敵なストールが多くて、ついつい自分にも、とちゃっかり購入
「デタックスできる?」と聞いたら「残念ながら出来ないの」とのこと
それなら仕方が無いし、十分良い買い物が出来たので
「ありがとう」と言って帰ろうとしたら、マダムが
「ちょっと待って、かわりにこれをプレゼントするわ」
と真っ白なコットンタオルを持ってきてくれました
今思い出しても、本当に素敵な思い出
今も大切にタオル&ストールを使わせてもらってます
母は、と言えば想像以上に気に入って、そしてとても似合ってましたよ♪
マダム本当にありがとう!
次に行った時には、覚えてないだろうけど報告したいな

他には、オルセー美術館で買い物をして、前の店でおつりでもらったクシャクシャの10ユーロを出したら、レジのマダムが受け取ってくれなくて「何で?」と聞いたら「汚いから」の一言を言われ「出た、フランスマダム!」なんて思ったり

TGVで席に座ってたら「そこ私の席」と言われたので「またまた~」と思いちょっと強気で「いや、私予約してるし」と言い紙を見せたら「それ前の車両よ」と言われ赤っ恥をかいたり

空港では重量オーバーで手荷物にするためスーツケースを2回入れなおししたら、実は2パックまで無料で預けられるからと、もう一度別の鞄に入れなおし計3回も空港で荷物の整理をする羽目になり、冬なのに汗だくになったり。。。

とにかく「ひゃっほー」や「あちゃー」ということが沢山あった今回も面白おかしいフランスの旅でした。

そういうこと全てをひっくるめて、やっぱり旅は楽しいですね
そして、フランスは何度行っても飽きない国だと、改めて実感です

さくっとのはずが、めちゃめちゃ長くなってしまいました。。。
とりあえず、今回のフランス旅行話はこれにて終了

最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました

下は余力のある方どうぞ~

続きを読む "パリ 2012年 秋 パリいろいろ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/25

パリ 2012年 秋 番外編 #3

そろそろ街はチョコレート色に染まりますね

私もここのところWenikoさんのショコラの会へ行ったり、伊勢丹で開催されているサロン・デュ・ショコラへ行ったりとハッピーなチョコレートライフ?を送っております♪

さて、チョコレート繋がりということで、今回はパリ郊外のヴォー・ル・ヴィコント城で行われたPalais du chocolat パレ・デュ・ショコラのお話

ヴィコント城へは、パリから特急なら約20分、普通でも30分のMelun(ムラン)駅で下車し、そこからシャトルバスが出ています

ヴィコント城はニコラ・フーケが建てた城で、17世紀建築の傑作と言われるほど

そのあまりの美しさと豪華さにルイ14世が嫉妬し、そのせいでニコラ・フーケは失脚、投獄されてしまいます

そして、ルイ14世はというと、ちゃっかり?ヴォー・ル・ヴィコント城を真似てあのヴェルサイユ宮殿を建てたというのだから、あらあら太陽王と呼ばれた方が・・・と思わず突っ込みたくなっちゃいます(笑)

でも、それくらい素晴らしく美しいお城でしたし、確かにヴェルサイユ宮殿で見た庭園にそっくり(逆だけど・・・)
そんな素敵なお城でのショコラの会は、うっとり、幸せの連続

まずは、お城の見学から

Photo

美しい庭園!壁画や照明も素敵!!

Photo_2

当時の厨房を再現。お菓子の型や銅鍋たちにうっとり~。
そのまま持ち帰りたかった・・・

Photo_3

プラタナスの落ち葉さえ素敵な雰囲気を出してます

お次はパレ・デュ・ショコラの様子

Photo_4

入ってすぐ、チョコレートドリンクのサービスが♪
Philip Moser氏がチョコレートでヴィコント城の屋根を作ってます

Photo_5

ボワシエさんのブースでは、アイシング実演。可愛い~!

Photo_6

参加したショコラティエによるチョコレートで作ったヴィコント城の屋根

Photo_7

日本には未出店のショコラティエが沢山。
まだまだ知らない素晴らしいお店がこんなにあるなんて、
フランスって本当に贅沢ですね~

Photo_9

やっぱり、TOKYO焼きは美味しいー
可愛いショコラやお菓子が沢山

Photo_12

アオキさんのお薦めマカロン。ワサビが驚きの美味しさ!!
しっかりお土産に詰め合わせを購入。
たっぷり堪能させていただきました♪

そして、めちゃめちゃキュートなパッケージのタブレットはComptoire du Cacaoのもの

実はこちらで嬉しい出来事が!!

チョコレートの種類を色々と聞いたのだけれど、あまりにパッケージが可愛かったので、全部の種類を欲しいと言ったら、
「もう一つ好きなもの選んでいいよ!」
「え?」と聞き直したら
「僕からプレゼントするよ」ですって♪

嬉しいーーーー!!!

つたないフランス語でも一生懸命話して良かった(笑)

その後、他のブースでも調子に乗ってたどたどしいフランス語で必死に説明を聞いていた・・・ということは言うまでもありません。。。

そしたら、ワインとショコラをマリアージュさせている素敵なブースで、ものすごい勢いで試食&試飲を薦められ、ものすごい早口で、いかにこのワインとショコラの組み合わせが素晴らしいかを説明されたのだけれど、あまりに早くて、もう、ただただ笑顔でうなずいて試食&試飲を繰り返すしか出来ませんでした(苦笑)

それにしても、本当に素晴らしく楽しい経験が出来ました

また行きたいなー

さて、そろそろ?いや、やっと終盤

お次はパリでのイロイロです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/16

パリ 2012年 秋 番外編 #2

月曜の雪は驚きでしたね
私が住んでいる地区は、翌日には雪が積もっているところもなく、道路も大丈夫なようでしたが、同じ県でも南の方は大変だったようです

気温が上がらず、凍っている場所もあるようですので、お出かけの際にはお気をつけください!

さて、ちょっと前ですが鏡開き、何とか忘れずにお汁粉頂きました!
自分で炊いた餡で頂くと、さらに美味しく感じちゃう単純な私です
余った餡は冷凍にして、後でアンパンにでもしようと思います

では今日は番外編#2リヨンのお話

電車を降りると、いつも使っていたペラーシュ駅がちょっと改装されたらしく、お店が以前より色々と入っていたことにちょっと驚き

街を歩いても、改装されつつあるお店や道路が多かったような。。。
少しずつ、街も変わりつつあるのでしょうか

それでも旧市街の眺め、ローヌ川、ソーヌ川からの眺めは変わらず美しく、穏やかな空気が流れるこの街が好きだな、と改めて実感

日帰りなので、出来るだけトラムや地下鉄を使って移動するつもりだったのだけど、やっぱりリヨンは歩きたくなる街なのですね

最初の内だけ地下鉄を利用したのだけど、途中から延々歩いてました

まず最初に行ったのが、ベルクール広場の近くにあるショコラティエPalomas
私が住んでいる時には無かったお店で、全く知らなかったのだけれど、お菓子教室の先生の「美味しい!!」の一言で絶対行こうと思っていたお店

フランス人のシェフと日本人の奥様2人で開かれているお店らしく、説明も日本語で聞けて色々と試食もさせていただけて、とても居心地良く、味は勿論美味~!!ついついお土産を買いすぎてしまいました。。。リヨンへ行かれる方がいたら、ぜひ行って見て下さい
日本ではなかなか味わえないコンフィズリーやお店のスペシャリテが頂けますよ♪

Photo

散歩途中に見つけた路地裏にあるお店
細い路地に美味しそうなお店が沢山並んでいます
だから、ついついこっちの道入ってみようかな?とか、この道行くとどこに出るんだろう?とか探索欲が出て、気が付くと歩きつかれてくたくたになってしまうのです(笑)
そうこうしている内に、時間だけは過ぎ、行きたい場所も周りきれず。。。やっぱり、1泊でくれば良かった~と後悔

Photo_2

ランチにはホームステイしている時には行かなかった(行けなかった・笑?)LE SUDへ
こちらは、ポール・ボキューズ氏のお店で、カジュアルなレストラン
外装を工事していたので、どうかな~?と思ったのだけれど、一歩中へ入れば、流石のサービスとお料理
明るい、地中海風の雰囲気にキビキビと気持ち良いサービスをしてくれるギャルソンたち
気持ちもお腹も一気に満足してしまいます
他にも、北、西、東(SUDは南)とあるので、次回はまた別のお店をチャレンジしてみたいな

Photo_3

今回一番行きたかったのが、こちらのカフェ
でも残念なことに、マダムが変わってました。。。
多分、娘さんなのかな?そのせいか何となく、雰囲気も変わった気がしてすこしがっかりでした。やっぱりお店って、オーナーやマダムが変わると、見えない変化があるものなのですね。小さい個人店だと特にそうなのかもしれません。
逆に言えば、他のお店を真似しようと、調度品やデザイン、メニューなんかを同じにしたところで、その人の個性が無ければ、それらの魅力は全く機能しないということなのかも。。。と別の意味で行って良かった!そして、自分のやりたい店を見つめなおす良いきっかけを頂きました

写真は撮らなかったけど、お約束?でBernachonとリヨン中央市場でお土産購入も忘れずにしてきました

それにしても、中央市場の変わり様にびっくり!「Les Halles de Lyon Paul Bocusechon」とポール・ボキューズの名前が付いてるし・・・

中もテンションがあがりまくるような美味しそうなお店が軒を連ねてます
値段も、それほど高くないし、ここは半日いても飽きないですね
出来れば、連日通いたいくらいでした

心地よい疲労感と胸いっぱいの満足感を持ったまま、帰りの電車の時間に

まだまだ、行きたかった場所があって名残惜しいけれど仕方が無い

続きはまた次回来たときの楽しみ!と自分に言い聞かせ、リヨンを後にしました

Photo_4

帰りのTGVからの景色
あまりに美しい夕日に、夢中でシャッターを切ってました

写真を見て思い出していたら、まだまだしつこく書き続けそうなので、この辺で終了

次回はパレ・ド・ショコラのお話へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/10

パリ 2012年 秋 番外編 #1

やろうやろうと思いながらとうとうやれずに年越ししてしまったものあれや、これや・・・何とか片付きつつあります

今月も先月同様(内容は違いますが)忙しい日々を送りそうです
ありがたや、ありがたや。。。

そんな中、旅の楽しい思い出に浸り、胸躍らせるこの数日

現実逃避と言われても、やっぱりウキウキが復活します
だから旅は良いのでしょうね!

今回は番外編#1
3日目に訪れたオランダのお話

友人に会いにオランダへ行ったのですが、想像以上に素敵な場所で思いっきりファンになってしまいました

1泊2日だったので、アムステルダムしか訪れられませんでしたが、また絶対行きたい場所!次は別の都市も訪れてみたいなー

友人と一緒ということもあって、とにかく楽しい時間でした

街が本当に美しくて、人が優しくて、穏やかな時間と空気が流れて
きっと、彼女のガイドも素晴らしかったのでしょうね

Photo_3

美しいアムスの街並み

Page_2

アムスでの食事と彼女のアパートでの美味しい2人飲み会

015_2

彼女の素敵な心遣い。私のために用意してくれた寝室
チューリップとウェルカムカードに笑顔がこぼれました
そして、なんとこのオランダの家を模った花器を一つお土産にと持たせてくれて!
家でこの花器を見る度に楽しかった思い出が蘇ります

 

016_2

オランダで大晦日に食べるというオリボーレン
揚げドーナツのような懐かしく素朴なおやつ
こういう素朴さ、たまらないです♪

彼女がいる間にまた訪れたいなー、行きたいなー

そんな気持ちは募るけど、現実はなかなか難しそう・・・

でも、またきっと行こうっと!

では、次回番外編#2は懐かしきリヨンへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/09

パリ 2012年 秋 テイクアウト編 #1.5

今年は、すっかり七草粥の存在を忘れてしまったので、鏡開きだけは!と何の使命感か分かりませんが、早々に餡子を炊いてスタンバイしております

でも、久しぶりに餡子を炊く作業は良いものですね

クツクツ炊けている音が聞こえ、甘い香りが漂うキッチンは幸せの空間です

あとは、11日に忘れずに鏡開きをするだけ。。。
1日遅れで完成したガレット・デ・ロワにはフェーブを入れ忘れるし。。。
たまに?結構?抜けてるので本当、注意が必要です

と、余談はここまでにしてテイクアウト編の続きです

写真を見たら同じお店の同じものを撮っていましたね・・・
編集するのが面倒なので、このまま使います
なので、#2ではなく#1.5くらいにしておきます

Photo

(上)この日のお菓子持ち寄り会の様子
  みんなでワイワイ食べるのは本当に楽しい♪
  美味しいお菓子がさらに美味しく感じるね!
(下)Pain de Sucre
  ピスタチオのタルト、タルト・オ・フランボワーズ
  他のお店に比べて、しっかり重めで力強い味
  人気のローズマリーを頂きたかったけど
  大きなサイズしかなかったので断念。。。残念

Photo_3

(左上)Pain de Sucre
  キノコのキッシュ。やっぱりこの時期はキノコですね!
  しっかりと焼かれた生地と香り高いキノコとアパレイユのバランスが最高
  味付けが少し濃い気がしたけど、ワインと合わせてたら抜群でした

(他全て)Des gateaux et du pain
  ショソン・オ・ポム、ミニクグロフ、
  フィナンシェ、マドレーヌ、ノア・レザン
  どれも全て美味しかったのだけれど、
  ショソン・オ・ポムとミニクグロフは特にたまらなかった!
  このお店のものは、全て食べてみたい!!
  と熱望して止まないほど、めちゃめちゃ好み
  そしたら、今年のガレット・デ・ロワで
  「カシス&スミレのガレット」がフィガロ誌で選ばれたとのこと
  あぁ~悩ましい・・・食べたい・・・
 

Photo_4

(左下、右上)Laduree
  焼き菓子とシュー・ア・ラ・クレーム、リュリシューズ
  やっぱりラデュレは乙女心をくすぐってきます
  パリに来ると、必ず食べてしまうパティスリーです

(右下)先生のアパートのキッチンで皆で作ったマドレーヌ
  ベーキングパウダーを入れ忘れ
  膨らまないマドレーヌになってしまいました(笑)
  でも、フランスの粉、蜂蜜、バター、卵で作れただけでも
  良い味の経験だし、楽しい思い出になりました

Photo_7

(番外編)先生のアパートで食事会
  どうやらパリで流行っているらしい?
  モノプリのワサビチップス&ユズ味チップス
  モンドールや数種のシェーブル、ミモレットにコンテと
  とにかく贅沢なチーズの数々
  これが、また濃厚でめちゃめちゃ美味しかった!!
  何度食べても、フランスで食べるチーズは格別
  美味しさの感動が半端ないです
  先生が作ってくれたポワローとジャガイモのスープ
  その他に食後の?パスタも作ってくれました
  お菓子だけじゃなくお料理も絶品!
  どれもこれも本当に美味しかったし楽しかった~

さて、そろそろ終盤に差し掛かってきました

次回からパリを離れて、番外編行ってみよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/08

パリ 2012年 秋 テイクアウト編 #1

2013年が始まりました

私にとっても、皆様にとっても
去年以上に笑顔が多い1年になりますように♪

今年もどうぞ宜しくお願いいたします

さて、年も明けたというのに去年の続きです。。。
年末年始に観た映画の話を書きたいので、
頑張ってパリ旅行の話終わらせまーす
「いや、別に書かずに次にいっても良いよ」って声が聞こえてきそうですが・・・笑

はい、では今回はテイクアウト
色々と持ち帰って食べましたよー

Photo

(左上、左下)Regis Colin
 ここのパンとDu Pain et des Ideesのパンは
 何個でも食べられてしまいそうなほど美味しかった!!
 粉の風味が良くて、今思い返しても涎がでそう・・・
 近くにあったら、間違いなく毎朝通ってしまったかも!
 次回は、もっと色々な種類を食べたいなー

(右上)Jacques Genin fondeur en chocolat
 言わずと知れたジャックジュナン
 この旅でタルト・オ・シトロンはいくつか食べたのだけれど
 ここのものが一番好みだったし、
 今まで食べたタルト・オ・シトロンの中で一番好き
 酸味が絶妙で香りも抜群!思わずうっとりしちゃいます!!

(右下)Stohrer
 パリで最古のパティスリー「ストーレー」では
 エクレアとプチカヌレを
 このエクレア、ずっしりと濃厚で、でも重すぎず美味しいんだよなー♪
 お腹が許すなら何個でも食べたい!
 今度はこちらのスペシャリテ、ババオラムと
 ピュイ・ダムール&お惣菜を頂いてみたい
 

Photo_5

(左上)Josephine Bakery
 ボン・マルシェでシェフ・パティシエをしていた方のお店
 スペシャリテのチーズケーキ2種とエクレア
 チーズケーキだけど濃厚さは無く、さっぱり爽やかなケーキ
 マンゴーの果汁が入ったスポイトを押し入れるとさらに爽やかに!
 とっても好みのチーズケーキでした

(右上)Sebastien Gaudard Patisserie des Martyrs
 フォレ・ノワール、ピュイ・ダムール、タルト・オ・シトロン
 ここのフォレ・ノワールがめちゃめちゃ美味しかった!
 この時はとにかくお腹一杯だったのだけれど
 それでも「美味しい~」と思えるくらい
 ピュイ・ダムールも素朴なんだけど、しみじみと味わい深かったな
 お腹がいっぱいじゃない時にもう一度食べて感動したい

(左下)La Patisserie by Cyril Lignac
 ババ・オ・ラム、タルト・オ・シトロン、
 ミルフィユ、フランボワーズムース(だったかな?)
 はっとする様な可愛らしいビジュアルに目を奪われ
 どんな味がするのだろう?とわくわく
 全体的に軽い食感だけど風味や酸味はしっかりしていて
 食べながらさらにワクワクしてくる♪
 

(右下)Ble Sicre
 このマドレーヌをお土産に買って来なかったのが
 今回の旅の唯一の失敗。。。
 とっても好みの味で、4つ入っていた袋が
 すぐに空になってしまったほど
 ここのブリオッシュやパン・オ・ショコラも美味しかったなー
 あぁ、しつこいけどこのマドレーヌを作りたい!
 
 

 
 

Photo_8

(左上)Hugo&Victor
 
 リュリジューズ、フィナンシェ、オレンジのタルト
 ずっと食べたいと思っていたユーゴ&ヴィクトール
 フルーツのタルトは思った以上に繊細だけど
 ザクッとした歯ごたえがたまらない美味しさ

(右上、左下)Des gateaux et du pain
 サントノレ、モンブラン、タルト・オ・シトロン
 こちらはパンもお菓子もとにかく美味しいお店
 特にモンブランは栗とカシスの酸味が絶妙
 モンブランは重いイメージだったのだけれど
 とんでもない!軽さがあってでも栗で。。。
 とにかく美味しかった!!

(右下)マンダリンオリエンタル
 
 
 
 サントノレ、タルト・オ・シトロン、パイナップルのケーキ
 マンダリンオリエンタルホテルと言えば、一流の
 ラグジュアリーホテル
 そちらのケーキをお持ち帰りしてもらった
 美しいビジュアルは流石です!
 見た目だけじゃなく、お味も美味しい!
 特にパイナップルのケーキが一番好みでした♪

すごい量!とお思いでしょうが、同じ時期にお菓子教室の先生&生徒さんもパリにいたので、予定が合うときには一緒に色々なお菓子の持ち寄り会や食事等々を楽しんだという訳なのです

アパート暮らしだったので、普段よりも買う量は多かったけど、なかなかこれほどのお菓子の量を集められなかったし、食べられなかったので、本当に貴重な体験が出来ました

これが自分の良い経験値となるといいなー

では#2へ続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »