« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/29

コーヒーレッスン

コーヒー・ア・ゴーゴーで2日にわたってコーヒーレッスン

1日目は6種の飲み比べレッスン

5種類のスペシャリティコーヒーと1種類の豆の焙煎違い

器具はフレンチプレスで

ブラジル、コスタリカブルマス、エチオピアモカ、ケニア、グァテマラ・サンヘラルド(深煎り)、グァテマラ・サンヘラルド(浅煎り)

3

一つの豆でも
注ぎいれた直後
徐々に冷めていく過程
完全に冷めた時
それぞれを飲み比べていく

驚きの連続!

当然豆の種類でも違うし、煎り方でも全く変化するし、温度が下がっていく過程でも大きく変化していく

ものすごく華やかな味と香のものがあれば、
癖がなく、ザ・コーヒーというものも
最初はガツンと来るものが、徐々に爽やかな風味に変わっていったり
徐々に深みが増していくものもあれば
暗く重い中にも甘みがフワッと残るものもあったり
上品なショコラやヴァニラのようなものも

こうして比べていくと、自分の好みが分かっていくから面白いし
皆でいろいろと意見を言い合う作業も興味深く楽しい

これはますます、コーヒーの奥深さ、面白さにはまりそう♪

2回目のレッスンの様子はまた次回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/18

おひとりさま

皆とワイワイも

2人でじっくりも

どちらも好き

でも、一人でいることも嫌いじゃない

特にこんな穏やかな気分にさせてくれるカフェなら
むしろ一人でゆっくりが心地よい

Ie_cafe

思い立ったら足が向いてしまう『ie cafe』

贅沢ゆとりの時間を過ごす憩いの場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/15

美味しいパンとパンの似合う器

Photo

車で約1時間

美味しいパン屋『大堀本店』へ

あれも、これも・・・で袋一杯

シェフと楽しいパンの話を沢山して、お店を後に

家に帰る途中で寄り道

PUNTOで『パンの似合う器展』(もう終了してしまいましたが)

一目ぼれした作品をお持ち帰りし

家に帰って早速

美味しいパンとパンの似合う器のご対面

わぉ!想像以上にお似合い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/14

スカイツリー

高すぎて不思議な感覚

20132_4

うっすら東京タワー
きっと、撮った本人しか分かりませんね・・・

20132_2_3

お決まりのソラカラポイント

カメラを忘れスマホで撮影

「こういう時のカメラでしょ!」と夫からチクリ。。。
本当にその通りでございます

それにしても高いところは気持ちがよいですね

楽しくなってついついこんな写真も撮れちゃいます

続きを読む "スカイツリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/12

永遠の0

001_2

何度も書いては消して、書いては消して。。。

伝えたいことが沢山あるのに、その言葉、文章が見つからない

自然と流れる涙は、何に対してなのか

悲しいだけの涙じゃなく
悔しいだけの涙じゃなく
温かい気持ちの涙だけじゃない

あらゆる感情が湧いてきて
気持ちを理解する前に涙が出てしまう

日本人として、知っておかなければならない歴史

ただ、一方的な見方の歴史かもしれないけれど
それでも知らなくてはならないし
そこで見つけた様々な事実について
これからも自分なりに思い巡らせることになるだろう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/03/11

日本酒の会 17.feb.2013

今年も開催「日本酒の会」

メニューは
 ・帆立しんじょ
 ・切干大根のサラダ
 ・水菜の煮浸し
 ・生からすみ
 ・味噌クリームチーズ
 ・鴨の燻製
 ・糠漬け&白菜漬

048

メインはこの4種

Img_0572

天領と氷室は2日前に高山の友人が送ってくれたもの
なんていうタイミングの良さ!!!

個性の違う4種類のお酒に皆大興奮

お酒と肴をちびちび、程よく酔っ払いながらワイワイがやがや

次回は、初夏に新居でシャンパン会♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/08

FUGLEN TOKYO

Fuglen_tokyo

ずっと行きたかった「FUGLEN TOKYO」

本店同様、コーヒー先進国と言われるノルウェーのベスト・ロースター4社の豆を取り扱っていることも気になるし、何よりエアロプレスとカリタウェーブで淹れたコーヒーを飲みたかった

北欧雑貨や家具がセンス良く並ぶ
想像以上にお洒落な空間

ちょっとドキドキしながら入り、
お店の方にコーヒーの説明を聞きながら注文

初体験のエアロプレスで淹れたコーヒーは、まるで紅茶のよう
爽やかで、でも甘さがあって
香がふわっと口で広がり、冷めていくにつれ味が様々に変わって面白い

最初は落ち着かないかな~と思ったけれど、いつの間にかすっかりくつろいでました

次はカリタウェーブを試しに行こっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/07

おとなの食事

Photo_2

しっとりとした店内

センスの光る器選び

そこに載る丁寧に仕込みがされた
一品一品のなんとも美味なこと

日本酒がついつい進み
じんわりと酔いがまわり
ほんわかよい気分

こういうお店に来ると
「大人っていいなー」
としみじみ思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/06

Salon du Chocolat 2013

Cats

五右衛門ロックの帰り道にサロン・デュ・ショコラへ!

初日で混んでるかと思ったら、以外にもそれほどでもなく
(でも、5時過ぎから、いきなり人が溢れましたが・・・)
一番のお目当て「アルノー・ラエール」と「パリ・セヴェイユ」のコラボレーション
「パリブレスト」と「サントノーレ パリ-トウキョー」へ一直線

。。。が、サントノーレは完売
でも、パリブレストが残り3個あった!!
何とか購入できて一安心
このパリブレストがめちゃくちゃ美味しくて
今でもあの味が忘れられません

その後は、アオキシェフと写真を撮ってもらいご満悦
青木シェフは本当に気さくで笑顔を絶やさない素敵な方でした
その場がパッと明るくなるお人柄で
お菓子は勿論ですが、一気にシェフのファンになってしまいます!
その後、ソロモン流で拝見したのですが
あんなに満身創痍とは。。。やはり一流の方は違いますね

他のフランス人シェフたちも、サインや写真の要望ににこやかに対応してくれて
これもサロン・ドュ・ショコラの楽しみの一つ

Photo

後ろ髪を引かれつつも帰宅し
買ってきたチョコレートを食べてまたうっとり
は~、なんて素敵なチョコレートの祭典

来年もきっと行こう!
そして本場パリへも・・・
と野望を新たに抱いたのは言うまでもありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/05

ZIPANG PUNK 五右衛門ロックⅢ

Photo

1月23日 シアターオーブにて

ダンスに歌に演技に笑いに
どれもこれも圧倒的なパフォーマンス

鳥肌たちまくり、感動しきり

舞台も客席も一体になっていき
舞台が舞台じゃなくなっていく

体中が興奮に包まれたままラストへ

拍手だけじゃ足りない!もっともっと!と心が欲する
全員のスタンディングオベーション

またしても、心も体も奪われたようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/04

ショコラの会(20.JAN.2013)

すっかりご無沙汰しております

今ではブログというより、備忘録になっていますが
どうぞお付き合いいただければ幸いです

Page

去年に引き続き、第2回目となるショコラの会
今回は応用編

前回の復習もしつつ、今回は5種類のクーヴェルチュールのテイスティング

カリブ、エクアドル、マダガスカル、コロンビア、最後はリヨンのベルナシオンのもの

それぞれ香、味、インパクトを表に書き込み、全体の印象を考える

感じたことを言葉で表現するって思った以上に難しい

特に香の分類が苦手で、いかに普段気にせず物を口にしているかを反省してしまった

でも、難しいけれど皆でそれぞれの意見を出しながら、なるほど~と思ったり、もう一度味わってみたりする作業はとっても楽しく、興味深いもの

人の意見を聞くこと
自分の意見を話すこと
その両方とも、とても大事ですね

最後は、お待ちかねWenikoさんのデザート

同時進行で焙炒、粉砕、精錬したチョコレートに
ウチュヴァ(別名、インカベリーと呼ばれるコロンビア産ホオズキ)とノワゼットを合わせたブラウニー

そしてWenikoさんのスペシャリテのチョコレートのスフレ
(小方さんが開発に関わったチョコレートを使用)
にドゥルセ・デ・レチェというチョコレートジャムを合わせたもの

美味しいのは当然ながら
頭と五感をフルに使った後の心地よい疲労感に
これらのデザートはたまらなく染み渡ります

前回同様、甘く美味しく、ますますチョコレートが好きになる授業でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »