« 日本酒の会 17.feb.2013 | トップページ | スカイツリー »

2013/03/12

永遠の0

001_2

何度も書いては消して、書いては消して。。。

伝えたいことが沢山あるのに、その言葉、文章が見つからない

自然と流れる涙は、何に対してなのか

悲しいだけの涙じゃなく
悔しいだけの涙じゃなく
温かい気持ちの涙だけじゃない

あらゆる感情が湧いてきて
気持ちを理解する前に涙が出てしまう

日本人として、知っておかなければならない歴史

ただ、一方的な見方の歴史かもしれないけれど
それでも知らなくてはならないし
そこで見つけた様々な事実について
これからも自分なりに思い巡らせることになるだろう

|

« 日本酒の会 17.feb.2013 | トップページ | スカイツリー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

accoさん、少しご無沙汰のコメントですhappy01
私も読みました。
数々の戦争体験を読み進めているうちに、これは本当にフィクションなのかなぁと、不思議な疑似体験をさせられているような…。
そういった小説を離れた部分で入りこんでる自分と、姉弟と顔も知らないおじぃさんとの「出逢い」に物語として感動している自分。
ずっと交錯してました。
また、少し経ってから読み返したい小説ですbook

投稿: おけいはん | 2013/03/20 21:09

おけいはんさん
お返事遅くなりごめんなさい!!!
そして、コメントありがとうございますheart
おっしゃるように、私も疑似体験をさせられているような感じで、何だかいてもたってもいられない、たまらない気持ちになりました。。。
こちらは、ぜひ沢山の方に読んでもらいたいなーと思って、なかなか思いが言葉にならなかったのですが感想を書いてみました
私も、また読み返したいと思う本です

投稿: acco | 2013/03/29 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523186/56939814

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の0:

« 日本酒の会 17.feb.2013 | トップページ | スカイツリー »