外食

2013/03/07

おとなの食事

Photo_2

しっとりとした店内

センスの光る器選び

そこに載る丁寧に仕込みがされた
一品一品のなんとも美味なこと

日本酒がついつい進み
じんわりと酔いがまわり
ほんわかよい気分

こういうお店に来ると
「大人っていいなー」
としみじみ思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/16

再訪

この時行ったLibertableへ、今度は友人と再訪

   amuses bouche            salade de fruits,mousse de poivron rouge   

001    002

raisin choud,caille grille,laquee de vinaigre de cidre

005       009

le ananas farci,sorbet pina colada

granite gingembre,poudre praline noisettes

007       004

最後に新鮮ハーブを使ったハーブティー&小菓子

相変わらず美しさと驚きと楽しさと美味しさが詰まったお料理の数々

大好きな友人たちとのおしゃべり

なんとも幸せな時間でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/14

ワインと料理とおしゃべりと

水戸市にあるBar a Vins PINOTでリストランテ ヨシミの料理教室のメンバーと新年会

久しぶりに会うみんなの顔を見た瞬間に笑顔がこぼれ楽しくなってしまう

美味しいワインとお料理、それに加えて止まらない笑いとおしゃべり

110113_1927231 110113_1929091

110113_1948381 110113_201449

110113_2058591

職種も年齢もバラバラ

同じ教室に通わなければ出会わなかったかもしれない面々

でもこうして同じ興味を持って出会ったことで、楽しいつながりが生まれたことが面白い

これから、ちょこちょこと楽しい催しが企画されそうな気配

どうぞ皆様、今後も宜しくお願いします!色々やりましょ~!

それにしても、なんとも、良い気分に酔っぱらった

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/08

そっか、37歳か

先週、37歳になりました

いつ頃からかすっかり自分の年齢が不確かなものになってます

それでも誕生日がくるのはとっても嬉しい

というのも、毎年とっても嬉しい言葉をくれる友人や祝ってくれる家族がいるから

本当に心から感謝です

そして、いくつになっても思うのが、まだまだやりたいことや行きたい場所、観たいもの、知りたいことがこの世の中には溢れているということ

そうしたものを一つづつ、これから長い時間かけて、友人や家族とクリアしていけたらいいな~、というのが37歳の願い

そして盛りだくさんな誕生日を過ごさせていただきました

続きを読む "そっか、37歳か"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/09/20

5周年と6年

友人のお店「Le garcon de la vigne」が9月18日で5周年を迎える

100920_130950

お店に入ると、常連の方たちで和気あいあいと楽しい雰囲気

すでに友人2人は到着しており、その2人とマダガスカル大使館の一等参事官ご夫妻、そして博物館の職員の方とご一緒の席に通される

マダガスカルの方とお話する機会なんて、そうは無いことなので、ここぞとばかりに皆で質問

拙いフランス語にいやな顔一つせず、とても穏やかに、にこやかにマダガスカルのこと、日本でのこと、ご子息のことなどを面白おかしく話してくれる。

和やかに談笑しているうちに、ワインとお料理が出され始める

なすとフォアグラのテリーヌ、スズキとホタテのポワレ(食べかけの写真で申し訳ない)、庄内豚の塩ロースト(お店のスペシャリテなのに、良い気分になってしまい、写真を撮り忘れました・・・)、グラスヴァニーユ・イチジクのコンポート添え

どれもこれも美しい上に、相変わらずとっても美味しい

100918_122304 

100918_130005 100918_142555

そして何よりこのお料理に合わせたワインの美味しいこと!!

それぞれに個性的で、一口飲むたびに違う感動が湧きあがってくる

中には自分では絶対に口に出来ないであろう物まで頂けて、お昼から至福のひととき

出して頂いたワインの作り手の方々は友人ととても縁のある方たちということで、友人のワインに対する情熱のようなものを改めて感じさせていただいた

生産者の方々の写真と説明

100730_2010151

あっという間に時は過ぎ、素晴らしいパーティも終了に

思えばボージョレで知り合ってから、すでに6年が経つ

こんなに長い付き合いになるとはその時誰も想像していなかったと思う

それぞれに新しい道を進んで、皆それぞれに活躍している

そう思うと、今の自分がとてもふがいない気持ちになるけれど、それよりも皆の活躍の方が嬉しく思えて自分も頑張ろうと思えるのは、彼らがとても素敵で魅力的だからだろう

これからも良い出会いは大事に育てていきたい、とシミジミ感じた1日だった

おまけとして、フランス語もっと頑張らなくちゃ~(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/09/09

好きな店

お店に入った瞬間、サラリーマンの楽しそうな、満足そうな顔が並んでいる。

みんなの笑い声がお店のBGM

コの字型に配されたカウンターの中央に店主が一人でお酒を出し、料理を作り、接客をする

ここは、夫と私の大好きな飲み屋さん

美味しい日本酒をちびりちびりとやりながら、その日のお勧めのお魚を使ってゆっくり丁寧に作られるお料理に舌鼓を打つ

お隣グループの親父ギャグにつられ笑いしながら、なんだかいつの間にか、その空間にいる人みんなが知り合いのような気持ちになってくる

気づけば、あらやだ良い時間

案の定、ちょっと飲みすぎて、ほろ酔い気分に

夜風に当たりながら、のんびり2人で家まで散歩。これもまた楽しい時間

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/21

お久しぶり

お久しぶりのBARで女3人暑気払い

100716_1926071

6,7年ぶりのお店だったけれど、雰囲気の良さは変わらず素敵な音楽が心地よく流れている

どのお料理も手がこんでいてとっても美味しい

100716_1934171

最近は居酒屋か宅飲みが多かったから、こういうお洒落空間を忘れ気味だったかも

たま~に、こういう洒落た場所で、しっとりゆっくりお酒と音楽を楽しむのも大切だな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/06

cafe la famille

遠くても何度でも通いたいお店がある

cafe la familleもその一つ

100702_1509541_2 100702_1513131_2

ブロカント(古道具)が溢れた店内には控え目な音楽が流れ、テーブルには可愛いお花が飾られ、ちょっと洒落たフランスの田舎の家の雰囲気

100702_1425031_2

敷地にある畑で採れたお野菜をふんだんに使ったお料理の美味しさと美しさに目も口も心もお腹も大満足

100702_1408521_2 100702_1413171_2

100702_1435461_2 100702_1444501_2

そして何より、スタッフの爽やかさと細やかなサービスに、さらに心地よさは増し時間がゆっくりと過ぎていく

100705_140834

食事をしただけなのに、なんだかとっても豊かな気持ちになれるカフェ

県内にこういうお店があるというのはとても嬉しいこと

ちょっと遠方の方も、ぜひ訪れてほしいお店です

注:混雑しているので、予約していかれたほうが良いかと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/16

並んじゃった

基本的に並んでまで・・・という感じなのだけれど、大好きなアイスとなると話は別。

いくらでも待ちます、並びます

それにしても、どのフレーバーにするか相当迷った~

だって、どれも美味しそうで本気で選べない・・・

あぁ、並ぶ時間があってちょうど良かった(順番がきても迷ってたけどcoldsweats01

で、やっとの思いで選んだのがこちらの2種類

大好物のピスタチオ&ラズベリー

025

ピスタチオの濃厚でちょっとプチプチとした食感とラズベリーの甘酸っぱさと滑らかな口どけに顔がにやける

ヤバイ!美味しい!!ハマった!!!

当分、東京に行ったときのお楽しみとなりそう

グロム 新宿店

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/22

祝宴

6月14日

「リストランテ ヨシミ」で友人の結婚をお祝いする会

良く会う顔もあるし、懐かしい顔もたくさん

旦那様とは一度、新居に遊びに行ってお会いしたことがあったけれど、以前よりも若々しくなったように感じるのは、きっと髪型のせいだけじゃなく、Aちゃんとの生活が順調な証拠だね

2人の周りを流れる空気は相変わらず穏やかで、ぽかぽかと暖かい日差しが降り注いでいる感じがしてとても心地よい。

お料理の一部

014015 

022025

020

美味しいお料理と和やかな会話であっという間に時間が過ぎる

これからも仲良く、お互いを必要とする2人でいて欲しい

そして、そんな2人を見ながら、私も夫の大切さを改めて感じることができた1日だった

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧